VCSSL >
Japanese English

VCSSL 公式サイトへようこそ!

ここはプログラミング言語 VCSSL の公式サイトです。 言語の紹介やダウンロード、各種ガイドやサンプルコード、ライブラリ仕様書、およびVCSSL製のソフトウェアなどを公開しています。 » VCSSLとは?

ダウンロード

※ 各種PC用OSに対応、インストール不要で動作します。

お知らせ & 新着ページ

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール(複数ファイル一括処理版)

フォルダ内にある全ての画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて、別のフォルダに保存する簡易ツールです。
2019年 03月 15日
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール

画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて保存する簡易ツールです。
2019年 03月 14日
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年 01月 20日

VCSSL について

VCSSLは、ライトな計算処理やシミュレーション、データの2D&3D可視化、及びちょっとしたツール製作などに便利な、簡易プログラミング言語(スクリプト言語)です。 開発元は、リニアングラフ3Dなどのデータ解析ソフトを開発しているRINEARN(リニアン)です。

RINEARN

VCSSLは、リニアングラフ3D および リニアングラフ2D においても、自動プロットスクリプト言語として標準サポートされています。 また、VCSSL自身も標準ライブラリでグラフ描画機能をサポートしており、その際のグラフ画面にはリニアングラフが使用されます。

C言語系のシンプルな文法
― プログラミング入門用のガイドも ―

VCSSLはもともと電卓ソフト用の言語であった事から、 ちょっとした計算コードを手短に書けるよう、C言語系のシンプルな文法をもっています。 よって、特にC系言語ユーザーの方はすぐに扱う事ができます。 » 即席ガイド

また、同じく電卓ソフト用であった経緯から、VCSSLの文法では入門のしやすさも重視しています。 実際、このVCSSL公式サイトでは、標準的な各種ガイドに加えて、特にプログラミングがはじめての方に向けた入門用ガイドも用意しています。

ライトな計算やシミュレーション、データの可視化などに便利

VCSSLはインタープリタ型言語であり、C/C++などと比べると処理速度は劣りますが、それでも1億回演算/秒程度のピーク性能でそこそこの計算を扱えます。 また、グラフプロットや簡単な2DCG & 3DCG 描画を標準サポートし、計算結果をアニメーション表示するシミュレーションや、データの可視化などにも便利です。

実際にコードアーカイブでは、VCSSLを用いた様々なプログラムを掲載しています。

汎用機能も一通り標準サポートしつつ、各種PC用OS対応・インストール不要ですぐ使用可能
― USBメモリーでの持ち運びも ―

現在のVCSSLでは、上で述べたグラフィックス系の機能をはじめとして、それなりの幅広い用途をカバーできる機能も一通り標準サポートしています。

一方で、VCSSLのスクリプトエンジンは全てJava®言語で開発されているため、VCSSLは Microsoft® Windows® や Linux などの各種PC用OSにおいて、インストール不要で使用できます。

動作にはJava実行環境が必要ですが、それさえPCに入っていれば、あとはVCSSLのダウンロードパッケージ内にある「 VCSSL.jar (JARファイル) 」をダブルクリック起動するだけ!

それだけで、上で例示したようなプログラムが、あなたのPC上でも今すぐインストール不要で動作します。 VCSSLで書いたプログラムを、実行環境ごとまるごとUSBメモリーに入れて、持ち運んで使う事だってできます。

アプリケーション組み込み用の小型・軽量スクリプトエンジンも、オープンソースで開発中!

VCSSLには、単体で使用するだけでなく、 一般のJava®アプリケーション内に組み込んでスクリプト処理機能を提供するための サブセット「 Vnano (VCSSL nano) 」も現在開発中です。

将来的なVCSSLのオープンソース化にも繋がる第一歩として、 Vnano のスクリプトエンジンはオープンソースで、開発リポジトリはGitHub上で公開しています。 » 詳しくはこちら!

さあ、あなたも

VCSSLは、どなたでも無償でご利用いただけます。

ダウンロード

※ 各種PC用OSに対応、インストール不要で動作します。


  • OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
  • Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。この記事は独立著作物であり、Microsoft Corporation と関連のある、もしくはスポンサーを受けるものではありません。
  • Linux は、Linus Torvalds 氏の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • その他、文中に使用されている商標は、その商標を保持する各社の各国における商標または登録商標です。

Japanese English
この階層の目次
お知らせ

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

新着
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール(複数ファイル一括処理版)

フォルダ内にある全ての画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて、別のフォルダに保存する簡易ツールです。
2019年03月15日
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール

画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて保存する簡易ツールです。
2019年03月14日
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
開発元Twitterアカウント