ドキュメント

VCSSLには、無料で利用できる公式のプログラミングガイドやサンプルコードなどが揃っています。 ここでは、それらをオンラインで公開しています。

なお、いくつかのガイドについては、PDFファイル版が VCSSLのダウンロードパッケージ に同梱されています。 オフライン利用や印刷などご利用ください。

開発ガイド - 基本編

以下の 3 つでは、どれもVCSSLでのプログラムの書き方( 文法 )や、基本的な事などを解説しています。 扱っている内容の範囲は 3 つともほぼ同じですが、想定ユーザー層が違うため、説明のスタイルや文章量がそれぞれ異なります。 最も読みやすいと感じたものを、どれか 1 つお選びください。

スタートアップガイド( プログラミングがはじめての方向け )

いわゆるプログラミングの入門書に相当する内容です。プログラミングが初めての方は、まずこちらをご参照ください。 コンピューターの基本的なしくみなども交えつつ、プログラムの書き方や考え方を、一歩ずつ掘り下げて解説しています。

>> このガイドへ

即席ガイド( C系言語ユーザー向け )

C言語や C++ など、すでに「 C系 」の文法を持つプログラミング言語を扱われている方が、 即席でVCSSLを扱うための簡易ガイドです。 C系言語に共通している文法などの説明を大幅に削ることで、内容をコンパクトに抑えています。

>> このガイドへ

文法ガイド( プログラミング経験者向け )

VCSSLの文法や基本事項に関する、リファレンスマニュアルのような位置づけのガイドです。 プログラミング経験者の方が、仕様を調べる際などに必要に応じて参照する事を想定して、各項目ごとに淡々とまとめた内容になっています。

>> このガイドへ

開発ガイド - 応用編

GUI開発ガイド

ボタンや入力項目などが並ぶ、いわゆる普通のソフトのような「画面」を備えたVCSSLプログラムを開発するためのガイドです。

>> このガイドへ

2DCG開発ガイド

画面上や画像ファイルなどに、2次元的なグラフィックスの描画を行うVCSSLプログラムを開発するためのガイドです。

>> このガイドへ

3DCG開発ガイド

画面上や画像ファイルなどに、3次元的なグラフィックスの描画を行うVCSSLプログラムを開発するためのガイドです。

>> このガイドへ


この階層の目次
お知らせ

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。

リニアンプロセッサー nano の先行開発版やソースコードリポジトリを公開
2019年04月16日 - オープンソースで開発中の小型プログラム関数電卓ソフト、「 リニアンプロセッサー nano 」の先行開発版やソースコードリポジトリを公開しました。概要と使用方法、ビルド方法などについて解説します。

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

新着
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
[公式ガイドサンプル] ポリゴンを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体の基本的な構成要素となるポリゴンを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月20日
[公式ガイドサンプル] CSVファイルにデータを書き出し&読み込んで、複雑な3次元曲面のグラフを描く(魔法陣形)

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。CSVファイルにデータを書き出し、さらにそれを読み込んで、魔法陣のような3次元曲面のグラフを描画します。
2019年05月17日
開発元Twitterアカウント