C系言語ユーザー向け VCSSL&Vnano即席ガイド

ここでは、C/C++ などのC系言語ユーザーの方が、即席で VCSSL や Vnano を扱うための簡易ガイドを掲載しています。
> PDF版はこちら!

はじめに

VCSSLは、データの可視化や、比較的軽めの計算処理、 およびそれらを組み合わせたミュレーションプログラムなどを、 手軽に記述する事を目指したプログラミング言語(スクリプト言語)です。 GUIや2D/3D描画などの汎用機能もサポートしているため、ある程度は簡易アプリ作成のような用途にも使用できます。 逆に、そのような汎用機能は削り、用途を絞って軽量・高速化した省機能版のVnano(VCSSL nano)も存在します。

VCSSLおよびVnanoは、C/C++などの既存のC系言語ユーザーの方が、可能な限り少ない学習コストで扱えるように、 C系のシンプルな文法を採用しています。 このガイドは、実際に各種C系言語ユーザーの方が、最小限の学習コストでVCSSLやVnanoを扱うための、即席的なガイドです。

読者はすでに何らかのC系言語を習得している事を前提としており、C系言語に共通するような内容の説明量を軽く抑える事で、簡潔にまとめています。 内容の目安としては、PDF版で前半(概要/文法)16ページ + 後半(応用)10ページで、1日〜数日程度での読了を想定しています。 ここに掲載しているWEB版も内容は同じで、前半3回(概要/文法)+ 後半2回(応用)になっています。

目次

内容ごとに分かれた連載記事になっています。まとめて読みたい/印刷したい方はPDF版をどうぞ。


VCSSL&Vnanoの概要
C系言語ユーザーの方向けに、VCSSLおよびVnanoの概要を短くまとめています。

プログラムの実行と基本的な入出力
実際にVCSSL&Vnanoでプログラムを書いて実行し、基本的な入出力を行います。

VCSSL&Vnanoの主な文法・仕様
C系言語ユーザーの方向けに、VCSSL&Vnanoの主な文法と仕様についてまとめています。

GUIと2D/3Dグラフィックス
VCSSLの標準ライブラリの中から、GUI と 2D / 3D グラフィックスの簡単な扱い方をまとめています。

外部言語連携
最後に、VCSSLから他言語のコードを実行する方法についてまとめます。
PDF版
C系言語ユーザー向け即席VCSSLガイドのPDF版です。

この階層の目次
お知らせ

関数電卓 RINPn をアップデート、折りたたみ可能なキーパネルを搭載
2022/11/11 - 関数電卓 RINPn のアップデート版を公開しました。画面デザインを少し見直し、今回から、1クリックで折りたたみ/展開が可能なキーパネルを搭載しました。詳細をご紹介します。

リニアングラフ3Dをアップデート、軸反転がリセットされるバグの修正など
2022/11/03 - リニアングラフ3Dのアップデート版をリリースしました。軸反転がリセットされるバグや、設定ファイル読み込み時に等高線の区間数が反映されないバグの修正を行いました。

各ソフトウェアのアップデートのお知らせ
2022/10/12 - リニアングラフ3Dなどの各ソフトウェアのアップデート版を、一括でリリースいたしました。各ソフトの更新内容をお知らせします。

新着
角度の「度」とラジアンとを相互変換し、図示もするツール

45度などの「度」の値と、ラジアンの値とを相互に変換できるツールです。対応する角度の図示もできます。
2022/11/22
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを回転させるアニメーション

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを、アニメーションで回転させ続けます
2022/11/18
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを回転させる

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを、指定した角度だけ回転させます。
2022/11/17
[公式ガイドサンプル] 四則演算の計算順序や、カッコを使った順序指定

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。四則演算が計算される順序や、カッコを使って順序を指定する方法を例示します。
2022/10/31
[公式ガイドサンプル] 割り算の結果や、余りなどを画面に表示する

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。整数や小数(実数)における割り算結果や、整数の場合の余りを画面に表示します。
2022/10/30
開発元Twitterアカウント