[ 前へ | 目次 | 次へ ]
Now Loading...
※ PCでダウンロードし、ZIPファイルを展開して「 VCSSL.jar 」をダブルクリック実行して下さい。 動作には Java® が必要です。 このVCSSLコードのライセンスは パブリックドメイン(CC0)なので、改造や流用も含めてご自由にご使用いただけます。 (詳細: ReadMe.txt)

ファイルを3Dグラフにプロットする(曲面/メッシュグラフ)

このVCSSLプログラムは、座標値が記載されたファイルの内容を、3Dグラフにプロットします。 サンプル的な短いコードなので、改造や流用のベースに適しています。

使用方法

ダウンロードと起動

PC(スマホは未対応)で上の画面の「 ダウンロードして実行 」ボタンを押して ZIP ファイルをダウンロードし、 右クリックして「すべて展開」してください。 展開した中にある「 VCSSL.jar(JARファイル) 」をダブルクリックして実行 すると、プログラムが起動します。 なお、動作には Java® が必要です。 » 詳しい実行方法はこちら

※ OSの種類によっては、右クリックメニューやコマンドラインからJava実行環境で「 VCSSL.jar 」を実行してください。 その際、VCSSL.jar に実行権限の付加が必要な場合もあります。 » 詳しい実行方法はこちら

» うまく実行できない場合は…

プログラムのコード内容を編集したい場合の起動方法

VCSSL.jar の代わりに「 VCSSL_Editor.jar(JARファイル) 」を実行すると、 プログラムのコード内容を編集できるエディター画面が表示されます。 エディター画面左下の三角ボタンを押すと、編集中のプログラムがその場で起動します。

※ もちろん、一般のテキストエディターソフトでの編集も可能です。 拡張子が「 .vcssl 」のファイルにコードが記述されていますので、開いて編集してください。

起動後

起動すると、まず適当な内容の座標値ファイルが書き出されて( sample3d.txt )、続いて3Dグラフが起動し、 ファイルの内容がプロットされます。

グラフ画面

プロットする内容を変えるには、コード中の座標値値配列を書き出している部分( for 文の中身 )を適当に書き換えてください。

なお、色の鮮やかさや光の加減を調整するには、3Dグラフのウィンドウ上部のメニューバーから 「 編集 」 > 「 光の設定 」を選択してください。 その他、様々な設定を行う事ができます。 (※ 設定をファイルに保存して、プログラムから setGraph3DConfigurationFile 関数で読み込ませて反映させる事もできます。 )

コード解説

それでは、このプログラムのコード内容について解説していきます。 このプログラムのコードはVCSSLで記述されています。

コード全体

まずは、コード全体を見てみましょう。30行程度のごく短いコードです。

以上です。流れとしては、前半部で座標値ファイルを書き出し、後半部でそれをグラフにプロットしています。

先頭部分

先頭部分を見てみましょう。

先頭の「 coding Shift_JIS; 」では、プログラムの文字コードを明示しています( UTF-8も可 )。必須ではありませんが、書いておくと文字化けするのを防げます。

「 import tool.Graph3D; 」の部分は、3次元グラフを扱うためのライブラリ「 tool.Graph3D 」を読み込んでいます。

サンプル座標値ファイルの書き出し

続いて、サンプル座標値ファイルの書き出し部分です。

ここで何をやっているかというと、テキストファイル「 sample.txt 」内に、

x1,1    y1,1    z1,1
x2,1    y2,1    z2,1
x3,1    y3,1    z3,1

のような3列の形式で、1行につき1つの点の座標(x,y,z)を書き出しています。

( ※ 列の区切りは、いまのタブ空白区切りとしていますが、8行目の「WRITE_TSV」の部分を「WRITE_CSV」とすれば、カンマ区切り(CSVファイル)になります。 )

さて、上で (x1,1,y1,1,z1,1) は点P1,1の座標、 (x2,2,y2,2,z2,2) は点P2,2の座標 ... として、各点は下図のように並んでいるものとしましょう:

各点を繋ぐ線がメッシュ状になっていますね。これは、3Dグラフにプロットする曲面のメッシュを、 真上から見下ろしたものだと思ってください。つまり各点は、メッシュグラフの格子点に位置しています。 この格子点の座標を、上で見た形式でファイルに全て書き出す事で、グラフソフトに曲面の形を伝えて、描かせるわけです。

ただし、ファイルに格子点の座標を書き出していく順序には、一定のルールがあります。 これは恐らく図で見るのが一番手っ取り早いので、まずは下図をご覧ください:

上の図で赤い矢印を追いかけるように、 まずYを端の位置に固定しつつ、メッシュのX方向について、端から端まで格子点の座標を全て書き出します。 そして、メッシュの端に到達すると、空白行を1行だけ挟み、Y方向に1個分移動します。 あとは、またX方向の端から端まで格子点の座標を全て書き出して … をくりかえします。 最終的にY方向の別の端まで到達し、全ての格子点を書き出せば終わりです。

イメージ的には、糸を一本ずつ、ずらしながら並べて「面」にしていく感じです。

ここで述べた形式は、一般的なグラフソフトでサポートされている、よく見る形式です。 VCSSLの標準環境では、3次元グラフのプロット機能に「 リニアングラフ3D 」が採用されていますが、 リニアングラフ3Dでもこの形式をサポートしているため、使用できます。 この形式は、慣れるまでは少しややこしいですが、 プログラミングで座標値ファイルを作るのに楽な形式です。 他の形式もサポートされているので、詳細はリニアングラフ3Dのガイドの 「 座標値ファイル書式 」をご参照ください。

プロット

さて、最後に、書き出したファイルを3次元グラフにプロットする部分です:

22行目のnewGraph3D関数で、3次元グラフソフトを起動しています。 この関数は、呼ぶ度にグラフソフトを1個起動し、そのグラフソフトに固有のID番号を割り振って返します。

例えば3次元グラフソフトを何個も起動した場合、12番グラフ、22番グラフ、101番グラフ、 …といったように、それぞれに番号が割り振られているわけです。 上では、生成したグラフに割り振られたID番号をint型変数「 graph 」に格納しているわけです。

続いてその下のsetGraph3DFile関数で、先ほど起動した3Dグラフソフトに、 ファイル「 "sample3d.txt" 」をプロットさせています。 ここで第一引数に、先ほどグラフ起動時に受け取ったID番号 graph を指定しています。 グラフが複数ある場合でも、このようにID番号で操作対象のグラフを区別できるわけです。

28行目からの3行は、setGraph3DOption関数を使用して、グラフのプロットオプションを指定しています。 標準では座標点の位置に点を描く「点プロット」オプションが有効になっているのですが、 それを無効化した上で、座標点をメッシュで繋ぐ「メッシュプロット」と、 曲面で繋ぐ「曲面プロット」のオプションを有効化しています。

コードのライセンス

このVCSSLコードは著作権フリー(パブリックドメイン)で公開しています。 そのままでのご利用はもちろん、言語の種類を問わず、改造や流用などもご自由に行ってください。



スポンサーリンク



[ 前へ | 目次 | 次へ ]
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
t を媒介変数とする x(t), y(t), z(t) の数式を3Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t), z(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として3次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
t を媒介変数とする x(t), y(t) の数式を2Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として2次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
z = f(x,y) の形の数式を3Dグラフとして描画するツール

入力欄に z = f(x,y) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフに描いてくれる簡易ツールです。
y = f(x) の形の数式を2Dグラフとして描画するツール

入力欄に y = f(x) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフに描いてくれる簡易ツールです。
配列を3Dグラフにアニメーションプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値配列の内容を、3次元の曲面/メッシュグラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
配列を3Dグラフにアニメーションプロットする(点/線グラフ)

座標値配列の内容を、3次元の点/線グラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
配列を2Dグラフにアニメーションプロットする

座標値配列の内容を、2次元グラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
配列を3Dグラフにプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値配列の内容を、3次元の曲面/メッシュグラフにプロットするサンプルプログラムです。
ファイルを3Dグラフにプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値ファイルの内容を、3次元の曲面/メッシュグラフにプロットするサンプルプログラムです。
ユーザーが入力した数式を2Dグラフにプロットする

実行時にユーザーが入力した数式の値を、2次元グラフにプロットするサンプルプログラムです。
配列を2Dグラフにプロットする

座標値配列の内容を、2次元グラフにプロットするサンプルプログラムです。
配列を3Dグラフにプロットする(点/線グラフ)

座標値配列の内容を、3次元の点/線グラフにプロットするサンプルプログラムです。
ファイルを3Dグラフにプロットする(点/線グラフ)

座標値ファイルの内容を、3次元の点/線グラフにプロットするサンプルプログラムです。
ファイルを2Dグラフにプロットする

座標値ファイルの内容を、2次元グラフにプロットするサンプルプログラムです。
スポンサーリンク

この階層の目次
[ 前へ | 目次 | 次へ ]
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
t を媒介変数とする x(t), y(t), z(t) の数式を3Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t), z(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として3次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
t を媒介変数とする x(t), y(t) の数式を2Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として2次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
z = f(x,y) の形の数式を3Dグラフとして描画するツール

入力欄に z = f(x,y) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフに描いてくれる簡易ツールです。
y = f(x) の形の数式を2Dグラフとして描画するツール

入力欄に y = f(x) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフに描いてくれる簡易ツールです。
配列を3Dグラフにアニメーションプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値配列の内容を、3次元の曲面/メッシュグラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
配列を3Dグラフにアニメーションプロットする(点/線グラフ)

座標値配列の内容を、3次元の点/線グラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
配列を2Dグラフにアニメーションプロットする

座標値配列の内容を、2次元グラフに連続でプロットし、アニメーションさせるサンプルプログラムです。
配列を3Dグラフにプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値配列の内容を、3次元の曲面/メッシュグラフにプロットするサンプルプログラムです。
ファイルを3Dグラフにプロットする(曲面/メッシュグラフ)

座標値ファイルの内容を、3次元の曲面/メッシュグラフにプロットするサンプルプログラムです。
ユーザーが入力した数式を2Dグラフにプロットする

実行時にユーザーが入力した数式の値を、2次元グラフにプロットするサンプルプログラムです。
配列を2Dグラフにプロットする

座標値配列の内容を、2次元グラフにプロットするサンプルプログラムです。
配列を3Dグラフにプロットする(点/線グラフ)

座標値配列の内容を、3次元の点/線グラフにプロットするサンプルプログラムです。
ファイルを3Dグラフにプロットする(点/線グラフ)

座標値ファイルの内容を、3次元の点/線グラフにプロットするサンプルプログラムです。
ファイルを2Dグラフにプロットする

座標値ファイルの内容を、2次元グラフにプロットするサンプルプログラムです。
お知らせ

Vnanoのソースコードと開発リポジトリをGitHubで公開
2018年09月30日 - 現在開発中の、ソフトウェア上でのスクリプト処理用途に向けた小型・軽量スクリプトエンジン「 Vnano 」のソースコード&リポジトリを公開しました。ビルド・使用方法や、現状の段階と今後などを解説します。

リニアングラフ3D&2D Ver.5.6 リリース! Java言語のプログラムからも制御可能に
2018年08月19日 - 約5年ぶりの大きなバージョンアップを迎えた、新しいリニアングラフ Ver.5.6の特徴をご紹介します。UIがリファインされ、Java言語でグラフ描画ライブラリとして使う事も可能になりました。

ライセンスの緩和方向への改訂を実施、条件を満たす場合のソフトの再配布などが可能に
2018年07月16日 - RINEARNでは2018年7月に、ソフトウェアライセンスの緩和方向への改訂を実施しました。新ライセンスでは、いくつかの条件を満たす場合において、ソフトの再配布などが無申請で可能になりました。

新着
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
t を媒介変数とする x(t), y(t), z(t) の数式を3Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t), z(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として3次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月20日
t を媒介変数とする x(t), y(t) の数式を2Dグラフに描画し、アニメーションもできるツール

入力欄に x(t), y(t) の形の数式を入力すると、それを t を媒介変数として2次元のグラフに描画し、アニメーションもできる簡易ツールです。
2018年11月19日
z = f(x,y) の形の数式を3Dグラフとして描画するツール

入力欄に z = f(x,y) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフに描いてくれる簡易ツールです。
2018年11月17日
開発元Twitterアカウント

スポンサーリンク