最新版 VCSSL のダウンロードと使用方法

VCSSLのランタイム(実行環境)は各種PC用OS上で動作し、インストール不要ですぐに使用できます。もちろん、必要に応じてインストールも可能です。

ここでは、最新版のVCSSLランタイムをダウンロードし、実際に使用する方法について説明しています。

ダウンロードと展開

現在、VCSSLランタイムの配布には、フリーソフト ダウンロードサイト「ベクター」様を利用させていただいています。 以下のボタンをクリックして配布ページを開き、VCSSLランタイムをダウンロードしてください。

ダウンロードボタン

ダウンロードしたファイルは、ZIP形式で圧縮されています。 そのZIPファイルを右クリックして「すべて展開」や「ここに展開」などを選び、展開してください。 すると「 vcssl_?_?_? (?の部分はバージョン番号の数字) 」 という名前のフォルダ(ディレクトリ)ができ、 その中にZIPファイルの中身が入っています。 以降、その中のものを使用してください。元のZIPファイルはもう不要です。

展開がエラーで中断されてしまう場合は…


「問題を引き起こす可能性〜」などのエラーが表示されて展開を完了できない場合、ZIPファイルを右クリックして「プロパティ」を選択し、 プロパティ画面の下にあるセキュリティ項目の「許可する」にチェックを入れて「OK」すると、以降は展開可能になります。 このエラーは、インターネット等から入手した不明なプログラムを安易に実行しないための、OSのセキュリティ機能によるものです。

ファイル名の日本語が文字化けしてしまう場合は…


Linux® 等をご使用の場合で、展開結果のファイル名の日本語が文字化けしてしまう場合があります。 その場合、コマンドライン端末から以下のように unzip コマンドで展開してみてください:

cd ZIPファイルのある場所
unzip -O cp932 ZIPファイル名

インストールせずに使用する(各種PC用OS)

ダウンロードしたZIPファイルを展開できたら、まずは最も簡単な使い方を試してみましょう!

Microsoft® Windows® をご使用の場合の起動方法

Windows®をご使用の場合は、ZIPファイルを展開したフォルダ内にある 「 VCSSL_?_?_?.bat (種類はバッチファイル、「?」はバージョン番号の数字) 」 をダブルクリックなどで実行してください。 最初に設定や初回処理について尋ねられるので、適時答えると、VCSSLランタイムが起動します(起動後の操作はこちら)。2回目以降はすぐに起動します。

コードアーカイブ からダウンロードした場合は、バージョン番号の無い「 VCSSL.bat 」が同梱されているので、それを実行します。

Linux® 等やその他のOSをご使用の場合の起動方法

Linux® 等やその他のOSをご使用の場合は、ZIPファイルを展開したフォルダ内の 「 VCSSL.jar (JARファイル) 」をコマンドライン端末から:

cd 展開したフォルダ
java -jar VCSSL.jar

と入力して起動できます(起動後の操作はこちら)。 必要に応じて、javaコマンドに「-Xmx」オプションを追加してメモリー容量を指定できます (例:512MB使用するなら「 java -Xmx512m -jar VCSSL.jar」)。

javaコマンドが使用できない場合は…


上記のコマンド入力の際、もしjavaコマンドが使用できない旨のエラーが出る場合は、Java®実行環境(JRE)を導入する必要があります。 aptコマンドが使える環境では、まずコマンドライン端末上で:

apt search jre     (または apt の代わりに apt-cache )

して入手可能な一覧を確認の上で、コマンドラインで以下の例のように導入できるかもしれません(環境依存):

sudo apt install default-jre     (または apt の代わりに apt-get)
または
sudo apt install openjdk-?-jre     (? の箇所にはバージョン番号の数字が入ります)

他のものでも構いませんが、VCSSLランタイムが動作しないものもあります (※末尾に -headless が付いているものでは動作しないので、付けないようご注意ください)。

起動後の使用方法

無事、VCSSLランタイムの起動に成功すると、VCSSLプログラムを選択する画面が表示されます。
コードアーカイブ からダウンロードした場合は、VCSSL.bat や VCSSL.jarを実行した時点で、VCSSLプログラムが自動で選択されて実行されます。

ファイル選択画面の様子

ここで実行したいVCSSLプログラム(拡張子が .vcssl のプログラム)を選択すると、 そのプログラムが読み込まれて実行されます。

例として、サンプルプログラムを実行してみましょう。 「 Sample_色々な処理のサンプル 」というフォルダの中に、色々なサンプルプログラムが同梱されています。 さらにその中の「 3DCG_3次元グラフィックス 」というフォルダ内にある、「 Wave_波の描画.vcssl 」というファイルを実行してみましょう。 すると、画面上に3Dグラフィックスで波が描かれます。

プログラム実行結果の様子
▲ 実行結果

もし上記のサンプルが見つからない場合、以下のリンクを右クリックして「名前を付けて保存」などを選んでダウンロードし、実行してみてください。

うまく実行できた場合は、おめでとうございます!
このサイト内のコードアーカイブで、たくさんのプログラムを配信していますので、ぜひ色々とダウンロード・実行して楽しんでみてください。 もし、自分でプログラムを自作してみたくなったら、このサイト内にはプログラミングガイド等の公式ドキュメントも一通り揃っていますので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてください。

インストールして使用する(Microsoft® Windows® をご使用の場合)

基本的には、インストーラを実行するだけ!

VCSSLは、必要に応じてインストールして使用する事もできます。 たとえば Windows のPCにインストールすると、 VCSSLプログラムをマウスでダブルクリックするだけで、すぐに実行できるようになります。

Windows のPCに VCSSL をインストールするには、 ダウンロード・展開したフォルダの中にある、「 Install.exe 」というファイルをダブルクリックして実行してください。 するとインストール画面が表示されるので、「 次へ 」ボタンを何度か押すとインストールされます。 インストールは基本的にこれで完了です。

あとはPCを再起動すると、すべてのVCSSLプログラムが、以下のような青色のアイコンで表示されるようになっています。
VCSSLプログラムのアイコン

このアイコンのファイルは、ダブルクリックするだけでVCSSLランタイムで実行できるようになっています。 実行せずに中身を編集したい場合は、ファイルを右クリックして「 プログラムから開く 」を選択し、テキストエディタなどで開いてください。

コマンド入出力端末から実行したい場合は、追加でパスの登録が必要

もし、VCSSL をコマンドプロンプトなどのコマンド入主力端末で使いたい場合には、 インストールした場所(通常は C:\VCSSL\ )にある「 bin 」フォルダのパスを、環境変数 Path に登録する必要があります。 この登録手順は、ご使用の Windows のバージョンなどによって微妙に異なるため、詳細は「 Windows Path 登録 」などでWeb検索してください。

なお、環境変数の操作は、誤って他の値をいじったり、削除してしまったりすると大変な事になるのでご注意ください 手慣れた方に依頼できる場合は、行ってもらう方が無難かもしれません。

以下は Windows 10 をご使用の場合の例です:

スタートボタン
> 歯車アイコン(設定)
> 「環境変数を編集」と検索して移動
> 開かれた画面で「ユーザー環境変数」の一覧から「Path」(無ければ作成)を選び「編集」
> 「新規」を押し、VCSSLをインストールした場所にある「bin」フォルダのパスを入力

(※ 普通にインストールした場合は「 C:\VCSSL\bin\ 」です。Shift キーを押しながら、インストール場所にある bin フォルダを右クリックすると、メニューからパスのコピーを行えます。)

もし Windows 8.1 以前をご使用の場合は、以下の例を参考にしてください(バージョンによって微妙に異なります):

スタートボタンを右クリック
> 「コントロールパネル」を開く
> 「 システムとセキュリティ 」を開き、さらに「 システム 」を開く
> 画面左側のリストから「 システムの詳細設定 」を選択
> 開かれるウィンドウの下の方にある「環境変数」ボタンをクリックして編集画面を開く
> 開かれた画面で「ユーザー環境変数」の一覧から「Path」(無ければ作成)を選び「編集」
> 表示されるウィンドウの「変数値」の項目に書かれた内容の 末尾に「 ;C:\VCSSL\bin; 」と追記して「OK」
最初と最後の 「 ; 」記号を忘れないようにご注意ください。 また、あくまでも末尾に追記するだけであり、決して元から記述されていた内容を消さないようにご注意ください。

パスの登録が完了したら、試しにコマンド入出力端末で VCSSL を使用してみましょう。VCSSLプログラム(例として Test.vcssl )のあるフォルダまで cd コマンドで移動し、 以下のコマンドを入力してみてください。

vcssl Test.vcssl

すると実行されます。上のコマンドの末尾に、スペースで区切ってコマンドライン引数を指定する事もできます。コマンドライン引数は、VCSSLプログラムから main 関数の引数として受け取れます。

なお、VCSSLの標準設定では、println 関数などの出力内容は、コマンド入出力端末には出力されないようになっています。 これは高速化のためです。 もし出力させたい場合は、VCSSLの実行画面の「 Setting 」メニューから「 Use the Standard Output - 標準入出力を使用 」オプションを有効にしてください。 次回起動時からは標準で有効になっています。

インストールして使用する(Linux®等やその他のOSをご使用の場合)

Windows 以外のPCでも、インストール作業を行う事で、VCSSLをコマンド入出力端末から使用できるようになります。 まずはダウンロード・展開したディレクトリ(フォルダ)を適当な場所(=インストール場所)にコピーしてください。 どこでもいいですが、ここでは例として「 /usr/local/bin/vcssl 」ディレクトリにコピーしましょう:

sudo cp -r   vcssl_?_?_?   /usr/local/bin/vcssl/
( ?_?_? の部分はバージョン番号で置き換えてください )

続いて、実行するための権限を付加します:

sudo chmod +x   /usr/local/bin/vcssl/vcssl_?_?_?/bin/vcssl
( ?_?_? の部分はバージョン番号で置き換えてください )

最後にパスを登録します。ホームディレクトリにある「 .bashrc 」(隠しファイル、環境や使用シェルにより異なります) などのログインスクリプトをテキストエディタで開き、 末尾に下記の一行を追記してください:

export PATH=$PATH:/usr/local/bin/vcssl/vcssl_?_?_?/bin/
( ?_?_? の部分はバージョン番号の数字で置き換えてください )

以上で、インストールは完了です。一旦シェルを閉じて再び立ち上げれば、vcssl コマンドが使用可能になっています。 適当なVCSSLプログラム(ここでは例として Test.vcssl )のあるディレクトリまで cd コマンドで移動し、 以下のコマンドを入力してみてください。

vcssl Test.vcssl

すると実行されます。上のコマンドの末尾に、スペースで区切ってコマンドライン引数を指定する事もできます。コマンドライン引数は、VCSSLプログラムから main 関数の引数として受け取れます。

なお、VCSSLの標準設定では、println 関数などの出力内容は、コマンド入出力端末には出力されないようになっています。 これは高速化のためです。 もし出力させたい場合は、VCSSLの実行画面の「 Setting 」メニューから「 Use the Standard Output - 標準入出力を使用 」オプションを有効にしてください。 次回起動時からは標準で有効になっています。

過去のバージョンのダウンロード

VCSSLでは、古いプログラムを記述当時と同じ条件で実行したい場合のために、 いくつかの過去のバージョンも公開しています。 過去バージョンは、以下のリンクから入手可能です。

ただし、これらはもはや開発が完全に終了し、メンテナンスも行われていない事にご注意ください。 これらを新しいプログラムや、信頼性が重要なプログラム、 および未知のプログラムの実行に使用する事は推奨されません。


本文中の商標などについて

  • OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
  • Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • Linux は、Linus Torvalds 氏の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • その他、文中に使用されている商標は、その商標を保持する各社の各国における商標または登録商標です。

この階層の目次
お知らせ

リニアンプロセッサー nano の先行開発版やソースコードリポジトリを公開
2019年04月16日 - オープンソースで開発中の小型プログラム関数電卓ソフト、「 リニアンプロセッサー nano 」の先行開発版やソースコードリポジトリを公開しました。概要と使用方法、ビルド方法などについて解説します。

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

新着
画像を任意サイズに拡大・縮小する簡易ツール(複数ファイル一括処理版)

フォルダ内にある全ての画像ファイルを開き、任意のサイズに拡大・縮小して、別のフォルダに保存する簡易ツールです。
2019年03月29日
画像を任意サイズに拡大・縮小する簡易ツール

画像ファイルを開き、任意のサイズに拡大・縮小して、別名で保存する簡易ツールです。
2019年03月28日
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール(複数ファイル一括処理版)

フォルダ内にある全ての画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて、別のフォルダに保存する簡易ツールです。
2019年03月15日
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール

画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて保存する簡易ツールです。
2019年03月14日
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
開発元Twitterアカウント