GUI ライブラリ


概要 - Abstract

VCSSL GUI ライブラリ は、VCSSLでグラフィカル・ユーザー・インターフェイスを扱うための標準ライブラリです。

GUIライブラリの規模は比較的大きいため、ここに記載されている関数仕様だけを参考にして扱うのは困難です。具体的な使用方法については、「 VCSSL公式開発ガイド 」をご参照ください。

- 注意 -
GUIを用いたプログラムでは、イベントハンドラの使用が必須となります。VCSSLでは、イベントハンドラの処理は独立スレッドで実行されます。現行版の RINEARN VCSSL Runtime では、マルチスレッド処理への対応が十分ではありません。 これは、現在のVCSSLエンジンの基本設計が、シングルスレッドのみを想定して開発された初期のVCSSLエンジンの基本設計を、部分的に踏襲している事に由来します。 これにより、処理内容によっては、論理的な不整合を含む、いくつかの不都合が生じる可能性があります。 RINEARN VCSSL Runtime でイベントハンドラに処理を記述するには、この事情を把握した上で行って下さい。現時点で想定可能なものとしては、以下のような不都合が生じる可能性があります。
・同一の配列変数へ、複数スレッドから同時アクセスした場合における、インデックスの不整合
現在のVCSSLエンジンにおける、配列変数の値を参照するモジュールには、シングルスレッドのみを想定した設計が残っています。これにより、同一の配列変数に、同時にアクセスした場合、正しくないインデックスの値が参照される可能性があります。
・同一の関数への、非常に頻繁な複数スレッド同時アクセスに伴う、エンジンの緊急停止
原則として、同一の関数を複数スレッドで実行する事は可能です。その場合、引数やローカル変数は、スレッド間で混同されないように、スレッドの数だけ確保されます。 しかし、同時アクセスのタイミングがあまりに短い間隔に集中すると、この処理が追いつかなくなり、不整合を防ぐためにエンジンが緊急停止する場合があります。 ※ 関数の実行中の時間が重なる事は問題ではありません。関数をコールする瞬間(引数を渡す瞬間)が重なる事が問題となります。
以上のような不都合が生じる可能性があるため、現状の RINEARN VCSSL Runtime においてイベントハンドラ内の処理を記述する際は、上記の点を認識した上で、以下のようなガイドラインに基づいた設計を行って下さい。
・イベントハンドラでは、イベント情報をグローバル変数に控える等の軽い処理に留めておき、実際の処理はなるべくメインスレッドで行う

・メインスレッドで頻繁にアクセスしている配列変数に、イベントハンドラや別スレッドからアクセスしない

目次 - Index

const int MOUSE_LEFT
マウスの左ボタンを表す定数です。
const int MOUSE_MIDDLE
マウスの中央ボタンを表す定数です。
const int MOUSE_RIGHT
マウスの右ボタンを表す定数です。
const int MOUSE_SINGLE
マウスのシングルクリックを表す定数です。
const int MOUSE_DOUBLE
マウスのダブルクリックを表す定数です。
const int KEY_SPACE
スペースキーを表す定数です。
const int KEY_ENTER
エンターキーを表す定数です。
const int KEY_SHIFT
シフトキーを表す定数です。
const int KEY_ALT
Alt キーを表す定数です。
const int KEY_AT
@ キーを表す定数です。
const int KEY_TAB
Tab キーを表す定数です。
const int KEY_CONTROL
Ctrl キーを表す定数です。
const int KEY_BACK_SPACE
Backspace キーを表す定数です。
const int KEY_A
A キーを表す定数です。
const int KEY_B
B キーを表す定数です。
const int KEY_C
C キーを表す定数です。
const int KEY_D
D キーを表す定数です。
const int KEY_E
E キーを表す定数です。
const int KEY_F
F キーを表す定数です。
const int KEY_G
G キーを表す定数です。
const int KEY_H
H キーを表す定数です。
const int KEY_I
I キーを表す定数です。
const int KEY_J
J キーを表す定数です。
const int KEY_K
K キーを表す定数です。
const int KEY_L
L キーを表す定数です。
const int KEY_M
M キーを表す定数です。
const int KEY_N
N キーを表す定数です。
const int KEY_O
O キーを表す定数です。
const int KEY_P
P キーを表す定数です。
const int KEY_Q
Q キーを表す定数です。
const int KEY_R
R キーを表す定数です。
const int KEY_S
S キーを表す定数です。
const int KEY_T
T キーを表す定数です。
const int KEY_U
U キーを表す定数です。
const int KEY_V
V キーを表す定数です。
const int KEY_W
W キーを表す定数です。
const int KEY_X
X キーを表す定数です。
const int KEY_Y
Y キーを表す定数です。
const int KEY_Z
Z キーを表す定数です。
const int KEY_0
0 キーを表す定数です。
const int KEY_1
1 キーを表す定数です。
const int KEY_2
2 キーを表す定数です。
const int KEY_3
3 キーを表す定数です。
const int KEY_4
4 キーを表す定数です。
const int KEY_5
5 キーを表す定数です。
const int KEY_6
6 キーを表す定数です。
const int KEY_7
7 キーを表す定数です。
const int KEY_8
8 キーを表す定数です。
const int KEY_9
9 キーを表す定数です。
const int KEY_NUMPAD0
0 キーを表す定数です。
const int KEY_NUMPAD1
1 キーを表す定数です。
const int KEY_NUMPAD2
2 キーを表す定数です。
const int KEY_NUMPAD3
3 キーを表す定数です。
const int KEY_NUMPAD4
4 キーを表す定数です。
const int KEY_NUMPAD5
5 キーを表す定数です。
const int KEY_NUMPAD6
6 キーを表す定数です。
const int KEY_NUMPAD7
7 キーを表す定数です。
const int KEY_NUMPAD8
8 キーを表す定数です。
const int KEY_NUMPAD9
9 キーを表す定数です。
const int KEY_UP
上 キーを表す定数です。
const int KEY_DOWN
下 キーを表す定数です。
const int KEY_RIGHT
右 キーを表す定数です。
const int KEY_LEFT
左 キーを表す定数です。
const int KEY_INSERT
Insert キーを表す定数です。
const int KEY_HOME
Home キーを表す定数です。
const int KEY_DELETE
Delete キーを表す定数です。
const int KEY_END
End キーを表す定数です。
const int KEY_PAGE_UP
Page Up キーを表す定数です。
const int KEY_PAGE_DOWN
Page Down キーを表す定数です。
const int KEY_CAPS_LOCK
Caps Lock キーを表す定数です。
const int KEY_BACK_SLASH
バックスラッシュ キーを表す定数です。
const int KEY_SLASH
/ キーを表す定数です。
const int KEY_MINUS
- キーを表す定数です。
const int KEY_PLUS
+ キーを表す定数です。
const int KEY_NUMBER
# キーを表す定数です。
const int KEY_SEMICOLON
; キーを表す定数です。
const int KEY_COLON
: キーを表す定数です。
const int KEY_COMMA
, キーを表す定数です。
const int KEY_PERIOD
. キーを表す定数です。
const int KEY_UNDERSCORE
_ キーを表す定数です。
const int KEY_EXCLAMATION
! キーを表す定数です。
const int KEY_EQUALS
= キーを表す定数です。
const int KEY_DOLLAR
$ キーを表す定数です。
const int KEY_CIRCUMFLEX
^ キーを表す定数です。
const int KEY_LEFT_SQUARE_BRACKET
[ キーを表す定数です。
const int KEY_RIGHT_SQUARE_BRACKET
] キーを表す定数です。
const int KEY_LEFT_PARENTHESIS
( キーを表す定数です。
const int KEY_RIGHT_PARENTHESIS
) キーを表す定数です。
const int KEY_SEPARATOR
| キーを表す定数です。
const int KEY_ADD
加算キーを表す定数です。
const int KEY_SUBTRACT
減算キーを表す定数です。
const int KEY_DIVIDE
除算キーを表す定数です。
const int KEY_MULTIPLY
乗算キーを表す定数です。
const int KEY_F1
F1 キーを表す定数です。
const int KEY_F2
F2 キーを表す定数です。
const int KEY_F3
F3 キーを表す定数です。
const int KEY_F4
F4 キーを表す定数です。
const int KEY_F5
F5 キーを表す定数です。
const int KEY_F6
F6 キーを表す定数です。
const int KEY_F7
F7 キーを表す定数です。
const int KEY_F8
F8 キーを表す定数です。
const int KEY_F9
F9 キーを表す定数です。
const int KEY_F10
F10 キーを表す定数です。
const int KEY_F11
F11 キーを表す定数です。
const int KEY_F12
F12 キーを表す定数です。
const int KEY_F13
F13 キーを表す定数です。
const int KEY_F14
F14 キーを表す定数です。
const int KEY_F15
F15 キーを表す定数です。
const int KEY_F16
F16 キーを表す定数です。
const int KEY_F17
F17 キーを表す定数です。
const int KEY_F18
F18 キーを表す定数です。
const int KEY_F19
F19 キーを表す定数です。
const int KEY_F20
F20 キーを表す定数です。
const int INNER
GUIコンポーネントの内側を指定するための定数です。getComponentSize 関数で使用します。
const int OUTER
GUIコンポーネントの外側を指定するための定数です。getComponentSize 関数で使用します。
const int LISTED
リストアップされている項目全てを指定するための定数です。setComponentStringArray 関数や getComponentStringArray 関数で使用します。
const int SELECTED
選択されている項目全てを指定するための定数です。setComponentStringArray 関数や getComponentStringArray 関数で使用します。
void mountComponent( int componentID, int parentComponentID )
GUIコンポーネントを、別のGUIコンポーネント上に配置します。
void demountComponent( int componentID, int parentComponentID )
GUIコンポーネントを配置解除します。
void deleteComponent( int componentID )
GUIコンポーネントを破棄します。
int newWindow( int x, int y, int w, int h, string title )
ウィンドウを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newButton( int x, int y, int w, int h, string text )
ボタンを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newTextField( int x, int y, int w, int h, string text )
テキストフィールド( 1行のテキストを入力するコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newTextArea( int x, int y, int w, int h, string text )
テキストエリア( 複数行のテキストを入力するコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newTextLabel( int x, int y, int w, int h, string text )
テキストラベル( 1行のテキストを表示するコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newImageLabel( int x, int y, int w, int h, int graphicsID )
画像ラベルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newCheckBox( int x, int y, int w, int h, string text, boolean b )
チェックボックスを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newSelectField( int x, int y, int w, int h, string str[ ] )
セレクトフィールド( 選択肢から1つの項目を選択可能な、1行のコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newSelectArea( int x, int y, int w, int h, string str[ ] )
セレクトエリア( 選択肢から複数項目を選択可能な、複数行のコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newVerticalSlider( int x, int y, int w, int h, float value )
0.0 〜 1.0 の範囲でfloat 値を操作する垂直スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newVerticalSlider( int x, int y, int w, int h, float value, float min, float max )
float 値を操作する垂直スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newVerticalSlider( int x, int y, int w, int h, int value, int min, int max )
int 値を操作する垂直スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newHorizontalSlider( int x, int y, int w, int h, float value )
0.0 〜 1.0 の範囲でfloat 値を操作する水平スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newHorizontalSlider( int x, int y, int w, int h, float value, float min, float max )
float 値を操作する水平スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newHorizontalSlider( int x, int y, int w, int h, int value, int min, int max )
int 値を操作する水平スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newPanel( int x, int y, int w, int h, string title )
任意座標レイアウト用のパネルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newGridPanel( int x, int y, int w, int h, string title, int rows, int columns )
グリッド配置用のパネルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newFlowPanel( int x, int y, int w, int h, string title )
フロー配置用のパネルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
int newTabPanel( int x, int y, int w, int h, string title )
タブ表示用のパネルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。このパネルの上に、別のパネルを配置して使用します。
int newScrollPanel( int x, int y, int w, int h, string title )
スクロール表示用のパネルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。このパネルの上に、別のパネルを配置して使用します。
macro paintComponent( int componentID )
GUIコンポーネントを再描画します。再描画は、表示内容のテキストやグラフィックスデータが変化した際に必要です。及び自身に配置されている子コンポーネントの表示内容が変化した際にも必要となります。
void setComponentLocation( int componentID, int x, int y )
GUIコンポーネントの位置を設定します。
int[ ] getComponentLocation( int componentID )
GUIコンポーネントの位置を取得します。
void setComponentSize( int componentID, int width, int height )
GUIコンポーネントの大きさを設定します。
int[ ] getComponentSize( int componentID )
GUIコンポーネントの大きさを取得します。
int[ ] getComponentSize( int componentID, int option )
GUIコンポーネントの特定部分の大きさを取得します。
void setComponentColor( int componentID, int fr, int fg, int fb, int fa, int br, int bg, int bb, int ba )
GUIコンポーネントの色を設定します。
void setComponentColor( int componentID, int fgRGBA[ ], int bgRGBA[ ] )
GUIコンポーネントの色を設定します。
macro getComponentColor( int componentID )
GUIコンポーネントの色を返します。
void setComponentText( int componentID, string text )
GUIコンポーネントのテキスト情報を設定します。
string getComponentText( int componentID )
GUIコンポーネントのテキスト情報を取得します。
void setComponentText( int componentID, string text[ ], int option )
GUIコンポーネントのテキスト情報を設定します。
string[ ] getComponentText( int componentID, int option )
GUIコンポーネントのテキスト情報を設定します。
void setComponentImage( int componentID, int graphicsID )
GUIコンポーネントの画像を設定します。
int getComponentGraphics( int componentID )
GUIコンポーネントの画像を格納する、グラフィックスデータのIDを返します。
void showComponent( int componentID )
GUIコンポーネントの非表示にします。
void hideComponent( int componentID )
GUIコンポーネントの表示します。
void setComponentFont( int componentID, string name )
GUIコンポーネントのフォントを設定します
void setComponentFontSize( int componentID, int size )
GUIコンポーネントのフォントサイズを設定します
void setComponentFontBold( int componentID, bool isBold )
GUIコンポーネントのフォントを太字に設定または解除します。イタリック体と併用はできません。
void setComponentFontItalic( int componentID, bool isItalic )
GUIコンポーネントのフォントをイタリック体に設定または解除します。太字と併用はできません。
void setComponentFloat( int componentID, float value )
GUIコンポーネントが保持する float 型の値を設定します。
float getComponentFloat( int componentID )
GUIコンポーネントが保持する float 型の値を返します。
void setComponentInt( int componentID, int value )
GUIコンポーネントが保持する int 型の値を設定します。
int getComponentInt( int componentID )
GUIコンポーネントが保持する int 型の値を返します。
void setComponentBool( int componentID, bool state )
GUIコンポーネントが保持する bool 型の値を設定します。
bool getComponentBool( int componentID )
GUIコンポーネントが保持する bool 型の値を返します。
void setComponentString( int componentID, string text )
GUIコンポーネントが保持する string 型の値を設定します。
string getComponentString( int componentID )
GUIコンポーネントが保持する string 型の値を返します。
void setComponentStringArray( int componentID, string text[ ], int option )
GUIコンポーネントが保持する string 型配列の値を設定します。
string[ ] getComponentStringArray( int componentID, int option )
GUIコンポーネントが保持する string 型配列の値を返します。
void setComponentIntArray( int componentID, int value[ ] )
GUIコンポーネントが保持する int 型配列の値を設定します。
int[ ] getComponentIntArray( int componentID )
GUIコンポーネントが保持する int 型配列の値を返します。
void addComponent( int componentID, int parentComponentID )
GUIコンポーネントを、別のGUIコンポーネント上に配置します。VCSSL 3 以降では、より新しい mountComponent 関数がサポートされています。この関数は互換目的でサポートされています。
void removeComponent( int componentID, int parentComponentID )
GUIコンポーネントを配置解除します。VCSSL 3 以降では、より新しい demountComponent 関数がサポートされています。この関数は互換目的でサポートされています。
int newGraphicsLabel( int x, int y, int w, int h, int graphicsID )
グラフィックスラベル( 描画内容や画像を表示するコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。VCSSL 3.3.24 以降では、より新しい newImageLabel 関数がサポートされています。この関数は互換目的でサポートされています。
void setComponentGraphics( int componentID, int graphicsID )
GUIコンポーネントのグラフィックスデータIDを設定します。VCSSL 3.3.24 以降では、より新しい setComponentImage 関数がサポートされています。この関数は互換目的でサポートされています。
int getComponentGraphics( int componentID )
GUIコンポーネントのグラフィックスデータIDを返します。VCSSL 3.3.24 以降では、より新しい getComponentGraphics 関数がサポートされています。この関数は互換目的でサポートされています。
void setComponentVisible( int componentID, bool b )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
bool getComponentVisible( int componentID )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
int[ ] getComponentInnerSize( int componentID )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
int[ ] getComponentInner( int componentID )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
void setComponentValue( int componentID, float value )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
float getComponentValue( int componentID )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
void setComponentState( int componentID, bool state )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
bool getComponentState( int componentID )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
void setComponentValueFloat( int componentID, float value )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
float getComponentValueFloat( int componentID )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
void setComponentValueInt( int componentID, int value )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
int getComponentValueInt( int componentID )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
void setComponentValueBool( int componentID, bool state )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
bool getComponentValueBool( int componentID )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
void setComponentValueString( int componentID, string text )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
string getComponentValueString( int componentID )
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
void onWindowOpen( int componentID )
ウィンドウが開いた際にコールされます。
void onWindowClose( int componentID )
ウィンドウが閉じられた際にコールされます。
void onWindowMove( int componentID, int x, int y )
ウィンドウが動かされた際にコールされます。
void onWindowResize( int componentID, int width, int height )
ウィンドウがリサイズされた際にコールされます。
void onWindowShow( int componentID )
ウィンドウが可視化された際にコールされます。
void onWindowHide( int componentID )
ウィンドウが不可視化された際にコールされます。
void onButtonClick( int componentID, string text )
ボタンが押された際にコールされます。
void onSelectFieldClick( int componentID, string text )
セレクトフィールドの項目が選択された際にコールされます。
void onCheckBoxClick( int componentID, bool value )
チェックボックスの項目が選択または解除された際にコールされます。
void onSliderMove( int componentID, int value )
int値のスライダーが操作された際にコールされます。
void onSliderMove( int componentID, float value )
float値のスライダーが操作された際にコールされます。
void onKeyDown( int componentID, string keyLabel )
キーボードのキーが押された際にコールされます。
void onKeyDown( int componentID, string keyConstant )
キーボードのキーが押された際にコールされます。
void onKeyUp( int componentID, string keyLabel )
キーボードのキーが離された際にコールされます。
void onKeyUp( int componentID, string keyConstant )
キーボードのキーが離された際にコールされます。
void onMouseDown( int componentID, int x, int y, int button )
マウスのボタンが押された際にコールされます。
void onMouseUp( int componentID, int x, int y, int button )
マウスのボタンが離された際にコールされます。
void onMouseClick( int componentID, int x, int y, int button, int count )
マウスがクリックされた際にコールされます。
void onMouseClick( int componentID, int x, int y, int button, int count )
マウスがドラッグされた際にコールされます。
void onMouseScroll( int componentID, int degree )
マウスホイールがスクロールされた際にコールされます。

構造体 - Structs

- なし - None -


変数 - Variables

定義
- Signature
const int MOUSE_LEFT
詳細
- Details
マウスの左ボタンを表す定数です。
定義
- Signature
const int MOUSE_MIDDLE
詳細
- Details
マウスの中央ボタンを表す定数です。
定義
- Signature
const int MOUSE_RIGHT
詳細
- Details
マウスの右ボタンを表す定数です。
定義
- Signature
const int MOUSE_SINGLE
詳細
- Details
マウスのシングルクリックを表す定数です。
定義
- Signature
const int MOUSE_DOUBLE
詳細
- Details
マウスのダブルクリックを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_SPACE
詳細
- Details
スペースキーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_ENTER
詳細
- Details
エンターキーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_SHIFT
詳細
- Details
シフトキーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_ALT
詳細
- Details
Alt キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_AT
詳細
- Details
@ キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_TAB
詳細
- Details
Tab キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_CONTROL
詳細
- Details
Ctrl キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_BACK_SPACE
詳細
- Details
Backspace キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_A
詳細
- Details
A キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_B
詳細
- Details
B キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_C
詳細
- Details
C キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_D
詳細
- Details
D キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_E
詳細
- Details
E キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F
詳細
- Details
F キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_G
詳細
- Details
G キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_H
詳細
- Details
H キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_I
詳細
- Details
I キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_J
詳細
- Details
J キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_K
詳細
- Details
K キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_L
詳細
- Details
L キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_M
詳細
- Details
M キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_N
詳細
- Details
N キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_O
詳細
- Details
O キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_P
詳細
- Details
P キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_Q
詳細
- Details
Q キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_R
詳細
- Details
R キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_S
詳細
- Details
S キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_T
詳細
- Details
T キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_U
詳細
- Details
U キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_V
詳細
- Details
V キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_W
詳細
- Details
W キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_X
詳細
- Details
X キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_Y
詳細
- Details
Y キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_Z
詳細
- Details
Z キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_0
詳細
- Details
0 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_1
詳細
- Details
1 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_2
詳細
- Details
2 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_3
詳細
- Details
3 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_4
詳細
- Details
4 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_5
詳細
- Details
5 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_6
詳細
- Details
6 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_7
詳細
- Details
7 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_8
詳細
- Details
8 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_9
詳細
- Details
9 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_NUMPAD0
詳細
- Details
0 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_NUMPAD1
詳細
- Details
1 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_NUMPAD2
詳細
- Details
2 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_NUMPAD3
詳細
- Details
3 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_NUMPAD4
詳細
- Details
4 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_NUMPAD5
詳細
- Details
5 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_NUMPAD6
詳細
- Details
6 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_NUMPAD7
詳細
- Details
7 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_NUMPAD8
詳細
- Details
8 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_NUMPAD9
詳細
- Details
9 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_UP
詳細
- Details
上 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_DOWN
詳細
- Details
下 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_RIGHT
詳細
- Details
右 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_LEFT
詳細
- Details
左 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_INSERT
詳細
- Details
Insert キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_HOME
詳細
- Details
Home キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_DELETE
詳細
- Details
Delete キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_END
詳細
- Details
End キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_PAGE_UP
詳細
- Details
Page Up キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_PAGE_DOWN
詳細
- Details
Page Down キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_CAPS_LOCK
詳細
- Details
Caps Lock キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_BACK_SLASH
詳細
- Details
バックスラッシュ キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_SLASH
詳細
- Details
/ キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_MINUS
詳細
- Details
- キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_PLUS
詳細
- Details
+ キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_NUMBER
詳細
- Details
# キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_SEMICOLON
詳細
- Details
; キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_COLON
詳細
- Details
: キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_COMMA
詳細
- Details
, キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_PERIOD
詳細
- Details
. キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_UNDERSCORE
詳細
- Details
_ キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_EXCLAMATION
詳細
- Details
! キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_EQUALS
詳細
- Details
= キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_DOLLAR
詳細
- Details
$ キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_CIRCUMFLEX
詳細
- Details
^ キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_LEFT_SQUARE_BRACKET
詳細
- Details
[ キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_RIGHT_SQUARE_BRACKET
詳細
- Details
] キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_LEFT_PARENTHESIS
詳細
- Details
( キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_RIGHT_PARENTHESIS
詳細
- Details
) キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_SEPARATOR
詳細
- Details
| キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_ADD
詳細
- Details
加算キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_SUBTRACT
詳細
- Details
減算キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_DIVIDE
詳細
- Details
除算キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_MULTIPLY
詳細
- Details
乗算キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F1
詳細
- Details
F1 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F2
詳細
- Details
F2 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F3
詳細
- Details
F3 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F4
詳細
- Details
F4 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F5
詳細
- Details
F5 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F6
詳細
- Details
F6 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F7
詳細
- Details
F7 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F8
詳細
- Details
F8 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F9
詳細
- Details
F9 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F10
詳細
- Details
F10 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F11
詳細
- Details
F11 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F12
詳細
- Details
F12 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F13
詳細
- Details
F13 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F14
詳細
- Details
F14 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F15
詳細
- Details
F15 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F16
詳細
- Details
F16 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F17
詳細
- Details
F17 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F18
詳細
- Details
F18 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F19
詳細
- Details
F19 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int KEY_F20
詳細
- Details
F20 キーを表す定数です。
定義
- Signature
const int INNER
詳細
- Details
GUIコンポーネントの内側を指定するための定数です。getComponentSize 関数で使用します。
定義
- Signature
const int OUTER
詳細
- Details
GUIコンポーネントの外側を指定するための定数です。getComponentSize 関数で使用します。
定義
- Signature
const int LISTED
詳細
- Details
リストアップされている項目全てを指定するための定数です。setComponentStringArray 関数や getComponentStringArray 関数で使用します。
定義
- Signature
const int SELECTED
詳細
- Details
選択されている項目全てを指定するための定数です。setComponentStringArray 関数や getComponentStringArray 関数で使用します。

関数 - Functions

定義
- Signature
void mountComponent( int componentID, int parentComponentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントを、別のGUIコンポーネント上に配置します。
引数
- Arguments
componentID : 配置するGUIコンポーネントのID
parentComponentID : 配置先GUIコンポーネントのID
定義
- Signature
void demountComponent( int componentID, int parentComponentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントを配置解除します。
引数
- Arguments
componentID : 配置解除するGUIコンポーネントのID
parentComponentID : 現在の配置先GUIコンポーネントのID
定義
- Signature
void deleteComponent( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントを破棄します。
引数
- Arguments
componentID : 破棄するGUIコンポーネントのID
定義
- Signature
int newWindow( int x, int y, int w, int h, string title )
詳細
- Details
ウィンドウを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
title : ウィンドウタイトル
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newButton( int x, int y, int w, int h, string text )
詳細
- Details
ボタンを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
text : ボタンに表示するテキスト
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newTextField( int x, int y, int w, int h, string text )
詳細
- Details
テキストフィールド( 1行のテキストを入力するコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
text : 初期値として表示するテキスト
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newTextArea( int x, int y, int w, int h, string text )
詳細
- Details
テキストエリア( 複数行のテキストを入力するコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
text : 初期値として表示するテキスト
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newTextLabel( int x, int y, int w, int h, string text )
詳細
- Details
テキストラベル( 1行のテキストを表示するコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
text : 表示するテキスト
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newImageLabel( int x, int y, int w, int h, int graphicsID )
詳細
- Details
画像ラベルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
graphicsID : 画像を格納するグラフィックスリソースのID
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newCheckBox( int x, int y, int w, int h, string text, boolean b )
詳細
- Details
チェックボックスを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
text : 表示するテキスト
b : 初期値
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newSelectField( int x, int y, int w, int h, string str[ ] )
詳細
- Details
セレクトフィールド( 選択肢から1つの項目を選択可能な、1行のコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
str : 選択肢
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newSelectArea( int x, int y, int w, int h, string str[ ] )
詳細
- Details
セレクトエリア( 選択肢から複数項目を選択可能な、複数行のコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
str : 選択肢
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newVerticalSlider( int x, int y, int w, int h, float value )
詳細
- Details
0.0 〜 1.0 の範囲でfloat 値を操作する垂直スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
value : 初期値
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newVerticalSlider( int x, int y, int w, int h, float value, float min, float max )
詳細
- Details
float 値を操作する垂直スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
value : 初期値
min : 最小値
max : 最大値
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newVerticalSlider( int x, int y, int w, int h, int value, int min, int max )
詳細
- Details
int 値を操作する垂直スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
value : 初期値
min : 最小値
max : 最大値
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newHorizontalSlider( int x, int y, int w, int h, float value )
詳細
- Details
0.0 〜 1.0 の範囲でfloat 値を操作する水平スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
value : 初期値
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newHorizontalSlider( int x, int y, int w, int h, float value, float min, float max )
詳細
- Details
float 値を操作する水平スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
value : 初期値
min : 最小値
max : 最大値
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newHorizontalSlider( int x, int y, int w, int h, int value, int min, int max )
詳細
- Details
int 値を操作する水平スライダーを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
value : 初期値
min : 最小値
max : 最大値
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newPanel( int x, int y, int w, int h, string title )
詳細
- Details
任意座標レイアウト用のパネルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
title : パネルタイトル
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newGridPanel( int x, int y, int w, int h, string title, int rows, int columns )
詳細
- Details
グリッド配置用のパネルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
title : パネルタイトル
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newFlowPanel( int x, int y, int w, int h, string title )
詳細
- Details
フロー配置用のパネルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
title : パネルタイトル
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newTabPanel( int x, int y, int w, int h, string title )
詳細
- Details
タブ表示用のパネルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。このパネルの上に、別のパネルを配置して使用します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
title : パネルタイトル
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
int newScrollPanel( int x, int y, int w, int h, string title )
詳細
- Details
スクロール表示用のパネルを生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。このパネルの上に、別のパネルを配置して使用します。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
title : パネルタイトル
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
macro paintComponent( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントを再描画します。再描画は、表示内容のテキストやグラフィックスデータが変化した際に必要です。及び自身に配置されている子コンポーネントの表示内容が変化した際にも必要となります。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
定義
- Signature
void setComponentLocation( int componentID, int x, int y )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの位置を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
定義
- Signature
int[ ] getComponentLocation( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの位置を取得します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
戻り値
- Return
左上頂点座標( [0] が X, [1] が Y )
定義
- Signature
void setComponentSize( int componentID, int width, int height )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの大きさを設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
width : 幅
height : 高さ
定義
- Signature
int[ ] getComponentSize( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの大きさを取得します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
戻り値
- Return
大きさ( [0] が 幅, [1] が 高さ )
定義
- Signature
int[ ] getComponentSize( int componentID, int option )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの特定部分の大きさを取得します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
option : 部分指定オプション( OUTERINNER
戻り値
- Return
大きさ( [0] が 幅, [1] が 高さ )
定義
- Signature
void setComponentColor( int componentID, int fr, int fg, int fb, int fa, int br, int bg, int bb, int ba )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの色を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
fr : 前景色の赤色成分( 0 - 255 )
fg : 前景色の緑色成分( 0 - 255 )
fb : 前景色の青色成分( 0 - 255 )
fa : 前景色のα値成分( 0 - 255 )
br : 前景色の赤色成分( 0 - 255 )
bg : 前景色の緑色成分( 0 - 255 )
bb : 前景色の青色成分( 0 - 255 )
ba : 前景色のα値成分( 0 - 255 )
定義
- Signature
void setComponentColor( int componentID, int fgRGBA[ ], int bgRGBA[ ] )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの色を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
fgRGBA : 前景色の色成分を格納する配列( [0]が赤、[1]が緑、[2]が青、[3]がαで、各色 0 - 255 )
bgRGBA : 前景色の色成分を格納する配列( [0]が赤、[1]が緑、[2]が青、[3]がαで、各色 0 - 255 )
定義
- Signature
macro getComponentColor( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの色を返します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
戻り値
- Return
(int[][])色色成分を格納する配列( [0][0]が前景の赤、[0][1]が前景の緑、[0][2]が前景の青、[0][3]が前景のα、[1][0]が背景の赤、[1][1]が背景の緑、[1][2]が背景の青、[1][3]が背景のαで、各色 0 - 255 )
定義
- Signature
void setComponentText( int componentID, string text )
詳細
- Details
GUIコンポーネントのテキスト情報を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
text : テキスト情報
定義
- Signature
string getComponentText( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントのテキスト情報を取得します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
戻り値
- Return
text テキスト情報
定義
- Signature
void setComponentText( int componentID, string text[ ], int option )
詳細
- Details
GUIコンポーネントのテキスト情報を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
text : テキスト情報
option : オプション( LISTEDSELECTED
定義
- Signature
string[ ] getComponentText( int componentID, int option )
詳細
- Details
GUIコンポーネントのテキスト情報を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
option : オプション( LISTEDSELECTED
戻り値
- Return
テキスト情報
定義
- Signature
void setComponentImage( int componentID, int graphicsID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの画像を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
graphicsID : 画像を格納するグラフィックスデータのID
定義
- Signature
int getComponentGraphics( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの画像を格納する、グラフィックスデータのIDを返します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
戻り値
- Return
graphicsID 画像を格納するグラフィックスデータのID
定義
- Signature
void showComponent( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの非表示にします。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
定義
- Signature
void hideComponent( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントの表示します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
定義
- Signature
void setComponentFont( int componentID, string name )
詳細
- Details
GUIコンポーネントのフォントを設定します
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
name : フォント名(処理系依存、環境依存)
定義
- Signature
void setComponentFontSize( int componentID, int size )
詳細
- Details
GUIコンポーネントのフォントサイズを設定します
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
size : フォントサイズ
定義
- Signature
void setComponentFontBold( int componentID, bool isBold )
詳細
- Details
GUIコンポーネントのフォントを太字に設定または解除します。イタリック体と併用はできません。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
isBold : 太字設定
定義
- Signature
void setComponentFontItalic( int componentID, bool isItalic )
詳細
- Details
GUIコンポーネントのフォントをイタリック体に設定または解除します。太字と併用はできません。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
isItalic : イタリック体設定
定義
- Signature
void setComponentFloat( int componentID, float value )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する float 型の値を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
value : 保持値
定義
- Signature
float getComponentFloat( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する float 型の値を返します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
戻り値
- Return
保持値
定義
- Signature
void setComponentInt( int componentID, int value )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する int 型の値を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
value : 保持値
定義
- Signature
int getComponentInt( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する int 型の値を返します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
戻り値
- Return
保持値
定義
- Signature
void setComponentBool( int componentID, bool state )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する bool 型の値を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
value : 保持値
定義
- Signature
bool getComponentBool( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する bool 型の値を返します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
戻り値
- Return
保持値
定義
- Signature
void setComponentString( int componentID, string text )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する string 型の値を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
value : 保持値
定義
- Signature
string getComponentString( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する string 型の値を返します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
戻り値
- Return
保持値
定義
- Signature
void setComponentStringArray( int componentID, string text[ ], int option )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する string 型配列の値を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
value : 保持値
option : オプション( LISTEDSELECTED
定義
- Signature
string[ ] getComponentStringArray( int componentID, int option )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する string 型配列の値を返します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
option : オプション( LISTEDSELECTED
戻り値
- Return
保持値
定義
- Signature
void setComponentIntArray( int componentID, int value[ ] )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する int 型配列の値を設定します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
value : 保持値
定義
- Signature
int[ ] getComponentIntArray( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントが保持する int 型配列の値を返します。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
戻り値
- Return
保持値
定義
- Signature
void addComponent( int componentID, int parentComponentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントを、別のGUIコンポーネント上に配置します。VCSSL 3 以降では、より新しい mountComponent 関数がサポートされています。この関数は互換目的でサポートされています。
引数
- Arguments
componentID : 配置するGUIコンポーネントのID
componentID : 配置先GUIコンポーネントのID
定義
- Signature
void removeComponent( int componentID, int parentComponentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントを配置解除します。VCSSL 3 以降では、より新しい demountComponent 関数がサポートされています。この関数は互換目的でサポートされています。
引数
- Arguments
componentID : 配置解除するGUIコンポーネントのID
componentID : 現在の配置先GUIコンポーネントのID
定義
- Signature
int newGraphicsLabel( int x, int y, int w, int h, int graphicsID )
詳細
- Details
グラフィックスラベル( 描画内容や画像を表示するコンポーネント )を生成し、固有の識別番号(GUIコンポーネントID)を割り振って返します。VCSSL 3.3.24 以降では、より新しい newImageLabel 関数がサポートされています。この関数は互換目的でサポートされています。
引数
- Arguments
x : 左上頂点のX座標
y : 左上頂点のY座標
width : 幅
height : 高さ
graphicsID : 表示内容のグラフィックスID
戻り値
- Return
GUIコンポーネントID
定義
- Signature
void setComponentGraphics( int componentID, int graphicsID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントのグラフィックスデータIDを設定します。VCSSL 3.3.24 以降では、より新しい setComponentImage 関数がサポートされています。この関数は互換目的でサポートされています。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
graphicsID : グラフィックスデータID
定義
- Signature
int getComponentGraphics( int componentID )
詳細
- Details
GUIコンポーネントのグラフィックスデータIDを返します。VCSSL 3.3.24 以降では、より新しい getComponentGraphics 関数がサポートされています。この関数は互換目的でサポートされています。
引数
- Arguments
componentID : 対象GUIコンポーネントのID
戻り値
- Return
graphicsID グラフィックスデータID
定義
- Signature
void setComponentVisible( int componentID, bool b )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
bool getComponentVisible( int componentID )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
int[ ] getComponentInnerSize( int componentID )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
int[ ] getComponentInner( int componentID )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
void setComponentValue( int componentID, float value )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
float getComponentValue( int componentID )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
void setComponentState( int componentID, bool state )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
bool getComponentState( int componentID )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
void setComponentValueFloat( int componentID, float value )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
float getComponentValueFloat( int componentID )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
void setComponentValueInt( int componentID, int value )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
int getComponentValueInt( int componentID )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
void setComponentValueBool( int componentID, bool state )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
bool getComponentValueBool( int componentID )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
void setComponentValueString( int componentID, string text )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。
定義
- Signature
string getComponentValueString( int componentID )
詳細
- Details
この関数の使用は推奨されません。この関数は、互換目的でサポートされています。

イベントハンドラ - Event Handler

定義
- Signature
void onWindowOpen( int componentID )
詳細
- Details
ウィンドウが開いた際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
定義
- Signature
void onWindowClose( int componentID )
詳細
- Details
ウィンドウが閉じられた際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
定義
- Signature
void onWindowMove( int componentID, int x, int y )
詳細
- Details
ウィンドウが動かされた際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
x : ウィンドウ左端頂点のX座標
y : ウィンドウ左端頂点のY座標
定義
- Signature
void onWindowResize( int componentID, int width, int height )
詳細
- Details
ウィンドウがリサイズされた際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
x : ウィンドウ左端頂点のX座標
y : ウィンドウ左端頂点のY座標
定義
- Signature
void onWindowShow( int componentID )
詳細
- Details
ウィンドウが可視化された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
定義
- Signature
void onWindowHide( int componentID )
詳細
- Details
ウィンドウが不可視化された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
定義
- Signature
void onButtonClick( int componentID, string text )
詳細
- Details
ボタンが押された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
text : ボタンに表示されているテキスト
定義
- Signature
void onSelectFieldClick( int componentID, string text )
詳細
- Details
セレクトフィールドの項目が選択された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
text : 選択された項目のテキスト
定義
- Signature
void onCheckBoxClick( int componentID, bool value )
詳細
- Details
チェックボックスの項目が選択または解除された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
vakue : 選択された場合はtrue、解除された場合はfalse
定義
- Signature
void onSliderMove( int componentID, int value )
詳細
- Details
int値のスライダーが操作された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
value : スライダーの値
定義
- Signature
void onSliderMove( int componentID, float value )
詳細
- Details
float値のスライダーが操作された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
value : スライダーの値
定義
- Signature
void onKeyDown( int componentID, string keyLabel )
詳細
- Details
キーボードのキーが押された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
keyLabel : キーのラベル文字列
定義
- Signature
void onKeyDown( int componentID, string keyConstant )
詳細
- Details
キーボードのキーが押された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
keyConstant : キーを区別する定数( KEY_A など )
定義
- Signature
void onKeyUp( int componentID, string keyLabel )
詳細
- Details
キーボードのキーが離された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
keyLabel : キーのラベル文字列
定義
- Signature
void onKeyUp( int componentID, string keyConstant )
詳細
- Details
キーボードのキーが離された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
keyConstant : キーを区別する定数( KEY_A など )
定義
- Signature
void onMouseDown( int componentID, int x, int y, int button )
詳細
- Details
マウスのボタンが押された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
x : マウスのX座標
y : マウスのX座標
button : マウスのボタンを区別する定数( MOUSE_RIGHT または MOUSE_LEFT もしくは MOUSE_MIDDLE
定義
- Signature
void onMouseUp( int componentID, int x, int y, int button )
詳細
- Details
マウスのボタンが離された際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
x : マウスのX座標
y : マウスのX座標
button : マウスのボタンを区別する定数( MOUSE_RIGHT または MOUSE_LEFT もしくは MOUSE_MIDDLE
定義
- Signature
void onMouseClick( int componentID, int x, int y, int button, int count )
詳細
- Details
マウスがクリックされた際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
x : マウスのX座標
y : マウスのX座標
button : マウスのボタンを区別する定数( MOUSE_RIGHT または MOUSE_LEFT もしくは MOUSE_MIDDLE
count : クリック数( シングルクリックなら 1、ダブルクリックなら 2 )
定義
- Signature
void onMouseClick( int componentID, int x, int y, int button, int count )
詳細
- Details
マウスがドラッグされた際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
x : マウスのX座標
y : マウスのX座標
button : マウスのボタンを区別する定数( MOUSE_RIGHT または MOUSE_LEFT もしくは MOUSE_MIDDLE
定義
- Signature
void onMouseScroll( int componentID, int degree )
詳細
- Details
マウスホイールがスクロールされた際にコールされます。
引数
- Arguments
componentID : イベント発生元コンポーネントのID
degree : スクロール数


スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。

リニアンプロセッサー nano の先行開発版やソースコードリポジトリを公開
2019年04月16日 - オープンソースで開発中の小型プログラム関数電卓ソフト、「 リニアンプロセッサー nano 」の先行開発版やソースコードリポジトリを公開しました。概要と使用方法、ビルド方法などについて解説します。

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

新着
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
[公式ガイドサンプル] ポリゴンを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体の基本的な構成要素となるポリゴンを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月20日
[公式ガイドサンプル] CSVファイルにデータを書き出し&読み込んで、複雑な3次元曲面のグラフを描く(魔法陣形)

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。CSVファイルにデータを書き出し、さらにそれを読み込んで、魔法陣のような3次元曲面のグラフを描画します。
2019年05月17日
開発元Twitterアカウント