Japanese English

VCSSLのプログラムを実行できない場合の対処方法

ここでは、VCSSLのプログラムを上手く実行できない場合について、対処方法をまとめています。

ダウンロードしたZIPファイルの展開が、エラーで止まってしまう場合
(Microsoft® Windows® をご使用の場合)

VCSSLの公式サイトからダウンロードしたZIPファイル(VCSSLの実行環境や、コードアーカイブのプログラムなど)を展開する際に、 「問題を引き起こす可能性のあるファイルが〜」などのエラーメッセージが表示され、 展開が中止されてしまう場合があります。

そのような場合は、ZIPファイルを右クリックして「プロパティ」を選択し、 プロパティの画面の下にあるセキュリティ項目の「許可する」にチェックを入れて「OK」で閉じてください。 その後、再びZIPファイルを展開すると、今度は正常に全て展開できるはずです。

なお、この現象は、インターネット上などから入手した不明なプログラムを安易に実行しないための、OSのセキュリティ機能によるものです (VCSSLの実行環境も、種類上はまさにプログラムなので、それが反応してしまうわけです)。

javaコマンドが使用できない等のエラーが表示される場合
(Linux® 等やその他のOSをご使用の場合)

Linux® 等やその他のOSでは、以下のように、VCSSL.jar をコマンドラインからjavaコマンドで実行する必要があります:

java -jar VCSSL.jar

その際、javaコマンドが使用できない等のエラーが表示される場合は、PCにJava実行環境(JRE)を導入する必要があります。 この手順はOSの種類によって異なりますが、apt が使用できる場合は:

apt search jre     (または apt の代わりに apt-cache)

で入手可能なものの一覧を確認した上で、

sudo apt install default-jre     (または apt の代わりに apt-get)
または
sudo apt install openjdk-?-jre     (「?」の箇所にはバージョンの数字が入ります)

などで恐らく簡単に導入できます。他のものでも構いませんが、VCSSLが動作しないものもあります。 (※末尾に -headless が付いているものでは動作しないので、付けないようご注意ください。)

実行中にメモリー容量が不足する場合
(Microsoft® Windows® をご使用の場合)

VCSSLプログラムの内容や使い方によっては、それなりに多くのメモリーが必要になり、デフォルトのメモリー容量設定では不足する場合があります。

もし実行中にメモリー不足などでエラーメッセージが表示される場合、 Microsoft® Windows®をご使用の方は、「 メモリー容量設定.bat(バッチファイル) 」をダブルクリック実行して設定してください。

実行中にメモリー容量が不足する場合
(Linux® 等やその他のOSをご使用の場合)

VCSSLプログラムの内容や使い方によっては、それなりに多くのメモリーが必要になり、デフォルトのメモリー容量設定では不足する場合があります。

もし実行中にメモリー不足などでエラーメッセージが表示される場合、 Linux®やその他のOSをご使用の方は、以下の例のように、java コマンドに -Xmx オプションでメモリー容量を指定できます:

java -xmx512m -jar VCSSL.jar       (512MB使う場合)
java -xmx3g -jar VCSSL.jar         (3GB使う場合)

その他の場合(お問合せ)

申し訳ありませんが、こちらのお問合せフォームなどから、御気軽にお尋ねください。


※ OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
※ Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。この記事は独立著作物であり、Microsoft Corporation と関連のある、もしくはスポンサーを受けるものではありません。
※ Linux は、Linus Torvalds 氏の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ その他、文中に使用されている商標は、その商標を保持する各社の各国における商標または登録商標です。


Japanese English
この階層の目次
お知らせ

Vnanoの公式サイトがオープン、チュートリアルやAPI仕様書等も掲載
2019年08月07日 - オープンソースのアプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」の公式サイトを開設しました。チュートリアルや、スクリプトエンジンのAPI仕様書などが参照できます。その概要をお知らせします。

リニアングラフ3D/2Dが連番ファイルのアニメーションに標準で対応
2019年07月17日 - リニアングラフ3D/2Dでは、7月17日公開の最新版より、連番ファイルを連続的に読み込みながらアニメーション描画するプログラムを同梱し、メニューから標準で使用可能になりました。その概要をお知らせします。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

新着
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
[公式ガイドサンプル] 各種GUIコンポーネントを画面上に配置する

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。色々な種類のGUI部品を画面上に配置します。
2019年07月28日
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
開発元Twitterアカウント