[ 前へ | 目次 | 次へ ]

プログラムの実行と
基本的な入出力

前回は、VCSSLの概要などについて解説しました。 今回は、早速VCSSLのプログラムを作成して実行し、基本的な入出力を行ってみましょう。


プログラムの作成と実行 ― Hello World!

まずは各プログラミング言語で恒例の、Hello World! を出力するコードです:

必須では無いですが、1行目で文字コード( Shift_JIS / UTF-8 / EUC_JP )を指定できます:

「encode」だと意味的に変では、という場合は「coding」や「encoding」としてもVCSSL 3.2以降は通ります。

続いてこのVCSSLのコードを実行するわけですが、以下の通り複数の方法があります:

VCSSLランタイムで実行する

まず適当なテキストエディタで、上記のHello World!のコードを拡張子「 .vcssl 」をつけて保存します。 続いてVCSSLランタイムを https://ja.vcssl.org/download/ から入手し、保存したコードを実行します。 なお、VCSSLランタイムはインストール不要で使用でき、USBメモリーからも使用できます。

リニアンプロセッサーで実行する

リニアンプロセッサーという電卓ソフト(フリー)を https://www.rinearn.com/processor/ から入手して起動し、 「 INPUT 」項目に上記のHello World!のコードを記述して、「 = 」ボタンを押して実行します(F11キーでもOK)。 これもインストール不要で、USBメモリーからも使用できます。

基本的な入出力

続いて、文法などの解説に入る前に、よく使用する基本的な入出力についてまとめておきます。

コンソールへのメッセージ出力

print関数(改行なし)またはprintln関数(改行あり)で、コンソールへメッセージを出力します:

実行すると改行を挟んで「123」「Hello」と出力されます。 print / println関数に複数の引数を指定すると、空白区切りで出力されます。配列を指定した場合も、全要素が空白区切りで出力されます。

なお、任意の位置で改行したい場合は、以下のように改行コード定数 EOL を挟みます:

任意の内容の入力

文字列メッセージや数値など、任意の内容の入力にはinput関数を用います:

input関数の戻り値はstring(文字列)型で、上ではそれをint型変数aで受け取っていますが、代入時に自動で変換されます。変換できない場合は実行時エラーとなります。 VCSSLは静的型付けですが、このあたりは小規模用途での小回りを優先して、やや緩い感じになっています。

もし入力された値が数値に変換可能か確認したい場合は、先頭で「 import system.Int; 」 した上で isInt(string) 関数で確認できます。 float も system.FloatisFloat(string) があります。\

なお、「はい」/「いいえ」を問うconfirm関数や、ファイル選択用のchoose関数などもあります:

次回は、VCSSLの基本的な文法を、一通りまとめて見てみます。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

新着
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール(複数ファイル一括処理版)

フォルダ内にある全ての画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて、別のフォルダに保存する簡易ツールです。
2019年03月15日
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール

画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて保存する簡易ツールです。
2019年03月14日
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
開発元Twitterアカウント

スポンサーリンク