[ 前へ | 目次 | 次へ ]

外部言語連携

このガイドは今回で最終回です。最後に、VCSSLから他言語のコードを実行する方法についてまとめます。


実行形式のプログラムを実行する(標準入出力のやり取りも可能)

単体で実行できるプログラムについては、exec関数を使ってVCSSLからも実行できます:

上の例では、VCSSLプログラムと同じ場所にある、何らかの言語で開発されたプログラム「test.exe」を、コマンドライン引数「aaa」「bbb」「ccc」を渡して実行します。

exec関数は、基本的に処理をそのままオペレーティングシステムに依頼します。 第一引数には実行対象のプログラムを指定しますが、実行時にシステムのカレントディレクトリがどこになっているかは、環境や処理系に依存するため、絶対パスで指定するのが無難です。 第二引数以降(可変長)は、実行するプログラムに渡すコマンドライン引数を指定します。

なお、execの実行はバックグラウンドであり、非同期です。処理が完了するまで待機したい場合はsystem関数を使用します:

さらに、標準ライブラリのProcessライブラリを使用すれば、実行したプログラムと標準入出力でやり取りするなど、より高度なプロセス制御を行う事もできます。 上手く活用すれば、C/C++などで開発した標準入出力ベースのプログラムに、VCSSLでGUI部分や可視化部分を作るなどの使い道もあるかもしれません。

Javaの処理を呼ぶ(GPCIインターフェイス)

現在のVCSSL処理系はJava言語で開発しているため、Java言語用のプラグイン・インターフェイスがあります。 現状、JavaからVCSSLを呼ぶことはできません。VCSSLからJavaを呼ぶのみです。

ここでは GeneralProcessConnectionInterface (GPCI) というインターフェイスを使ってみます。 まずは、以下のリンクを右クリックして「 対象をファイルに保存 」や「 名前を付けてリンク先を保存 」などを選択し、ダウンロードします。

このファイル「 GeneralProcessConnectionInterface.java 」はJava言語で書かれたインターフェイスで、内容は以下の通りです:

― GeneralProcessConnectionInterface.java ―

これをコンパイルし、続いて以下の例のように実装します:

― TestPlugin.java ―

これをコンパイルし、プラグインTestPlugin.classを作成します。 プラグインは複数併用できますが、それらを読み込むクラスローダの唯一性は保証されず、Singletonパターンなどの使用には注意が必要です。 同一インスタンスを共有する処理は、同一プラグイン内にまとめる必要があります。

さて、上のプラグインは、引数をdoubleとして加算して返す「___add」関数を提供します(ただしプラグイン側は引数・戻り値共にString配列として扱います)。 この関数をVCSSLのコードから呼び出すには、TestPlugin.classを同じディレクトリに置き、以下のように記述します:

実行結果は「4.6」です。ところでGPCI経由の関数は、VCSSLからは任意型の可変長引数を持つと見なされます。 これはある意味強力ですが、引数の型・個数検査が効かないため、そのまま使うのは推奨できません。 例えば上の関数をbool型の引数1個でコールする事は、設計側の意図に明らかに反します。 適切なシグネチャを持つVCSSLの関数でラッピングして使うのが無難です:



スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

新着
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール(複数ファイル一括処理版)

フォルダ内にある全ての画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて、別のフォルダに保存する簡易ツールです。
2019年03月15日
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール

画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて保存する簡易ツールです。
2019年03月14日
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
開発元Twitterアカウント

スポンサーリンク