DataWrapper ライブラリ

- 目次 -


概要 - Abstract

このライブラリ data.DataWrapper は、任意型の変数値を構造体でラッピングする機能を提供します。主に配列データをラッピングするのに使用します。

VCSSLではジャグ配列が禁止されているため、配列の要素数は、各次元内では一様である必要があります。
例えば、要素数の異なる1次元の配列データをまとめて、2次元配列にする事はできません。

そこで配列データを構造体でラッピングする事により、この制約を回避する事ができます。
上の例では、1次元配列データをラッピングした構造体を作り、その構造体の配列を作る事で、2次元のジャグ配列のような構造を実現できます。

このモジュールでは、そのようなラッピング用途のために、ジェネリック構造体 DataWrapperが提供されます。
wrap関数で、任意型変数のデータをラッピングし、DataWrapper 構造体に変換する事ができます。また、unwrap関数で、元のデータを取り出す事もできます。

なお、DataWrapperは、実際にdata.WrappedList,WrappedStack,WrappedQueueの実装に使用されています。
これらのライブラリでは、DataWrapperによって、要素数の異なる配列に対応したコレクション機能を実現しています。


目次 - Index

struct DataWrapper<Type>
任意型のデータをラッピングする構造体です。
DataWrapper<Type> wrap<Type>(Type arg)
任意型のデータをラッピングします。
Type unwrap<Type>(DataWrapper<Type> wrapper)
ラッピングしているデータを取り出します。

構造体 - Structs

定義
- Signature
struct DataWrapper<Type>
詳細
- Details
任意型のデータをラッピングする構造体です。

変数 - Variables

- なし - None -


関数 - Functions

定義
- Signature
DataWrapper<Type> wrap<Type>(Type arg)
詳細
- Details
任意型のデータをラッピングします。
引数
- Arguments
arg : ラッピングするデータ
戻り値
- Return
入力値のラッパー
定義
- Signature
Type unwrap<Type>(DataWrapper<Type> wrapper)
詳細
- Details
ラッピングしているデータを取り出します。
引数
- Arguments
wrapper : データを取り出すラッパー
戻り値
- Return
ラッパーが保持している値


スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。

リニアンプロセッサー nano の先行開発版やソースコードリポジトリを公開
2019年04月16日 - オープンソースで開発中の小型プログラム関数電卓ソフト、「 リニアンプロセッサー nano 」の先行開発版やソースコードリポジトリを公開しました。概要と使用方法、ビルド方法などについて解説します。

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

新着
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
[公式ガイドサンプル] ポリゴンを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体の基本的な構成要素となるポリゴンを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月20日
[公式ガイドサンプル] CSVファイルにデータを書き出し&読み込んで、複雑な3次元曲面のグラフを描く(魔法陣形)

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。CSVファイルにデータを書き出し、さらにそれを読み込んで、魔法陣のような3次元曲面のグラフを描画します。
2019年05月17日
開発元Twitterアカウント