[ 前へ | 目次 | 次へ ]

立体の形状設定

ここでは、標準モデルやポリゴンの形状設定を扱います。 形状設定により、すでに生成したモデルやポリゴンの形状を変更する事ができます。 この設定は、アニメーションなど、立体を動的に変形させたい場合などに行います。

標準モデルの形状設定

標準モデルの形状を変更するには、setModelSize関数を使用します。

- 関数仕様 -

void setModelSize (
  int modelID,
  float l1, float l2, . . .
)

最初の引数modelIDでは、設定対象のモデルのIDを指定します。 続く引数l1, l2, . . . では、モデルの形状を特徴付ける長さを指定します。 引数l1, l2, . . . の個数は標準モデルの種類によって異なり、 その標準モデルを生成するnew〜Model関数のものと同様の個数・意味を持ちます。 例えば円筒モデル(CylinderModel)なら、 l1・l2で底面のX・Y方向半径を、l3で高さを指定します。

標準モデルのみ使用可能

setModelSize関数は、標準モデル専用の関数です。 ポリゴン集合から生成した独自モデルに対しては使用できません。

ポリゴンの形状(頂点座標)設定

ポリゴンの頂点座標を変更するには、setPolygonVertex関数を使用します。

最初の引数polygonIDでは、設定対象のポリゴンのIDを指定します。 続く引数x1, y1, . . . では、ポリゴンの頂点位置を指定します。 引数x1, y1, . . . の個数はポリゴンの種類によって異なり、 そのポリゴンを生成するnew〜Polygon関数の引数における、 座標値指定部分と同様の個数・意味を持ちます。

例えば点ポリゴン(PointModel)なら3つで、( x1, y1, z1 )で中心位置を指定し、 線ポリゴン(LinePoligon)なら6つで、( x1, y1, z1 )と( x2, y2, z2 )で 線の始点と終点位置を指定します。同様に三角形ポリゴンなら9つ、 四角形ポリゴンなら12個の座標値を指定します。

プログラム例

実際に球モデルを配置し、時間に伴って変形させてみましょう。 以下のように記述し、実行してみてください。

このプログラムを実行すると、黒い背景に白い球が描画され、 アニメーションで潰れたり膨らんだりを繰り返します。

実行結果、歪んだ球の図
実行結果
球モデルがZ方向へ伸び縮みする様子が見て取れる。



スポンサーリンク



この階層の目次
[ 前へ | 目次 | 次へ ]
お知らせ

Vnanoがオープンベータ版に移行、VCSSLの実行環境で標準で実行可能に
2021年04月07日 - ソフト内組み込み用スクリプトエンジン&言語「 Vnano 」がオープンベータ版に移行し、併せて、VCSSLの実行環境でもVnanoコードの実行が可能になりました。詳細をお知らせします。

リニアングラフの最新版をリリース、2D版でも描画エンジンの直接操作が可能に
2021年04月03日 - リニアングラフ2D/3Dの最新版をリリースしました。それぞれのアップデート内容をお知らせします。今回から、2D版でもJava言語APIによる描画エンジンの直接操作が可能になりました。

RINPn のオープンベータ版をリリース! 詳細な公式ガイドも同梱&公開
2021年03月08日 - 2019年より開発進行中のプログラム関数電卓「 RINPn(りんぷん)」が、正式リリースに向けた最終準備段階として、オープンベータ版へと移行しました。その詳細をお知らせします。

新着
[公式ガイドサンプル] 引き算の結果を画面に表示する

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。引き算を行って、結果を画面に表示します。
2021年07月08日
[公式ガイドサンプル] 式を複数行にわたって書く

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。足し算を行う式を、複数行にわたって記述します。
2021年07月07日
[公式ガイドサンプル] 足し算の結果を画面に表示する

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。足し算の結果を求めて、画面に表示します。
2021年07月06日
Vnano版 | ローレンツ方程式を数値的に解くプログラム

ローレンツ方程式を4次ルンゲ=クッタ法によって解き、グラフ描画用のデータを出力するプログラムです。
2021年02月12日
Vnano版 | 積分値のグラフ描画用データを出力するプログラム

数値的に積分を行い、結果の関数をグラフに描くためのデータを出力するコードです。
2020年12月20日
開発元Twitterアカウント