[ 前へ | 目次 | 次へ ]

表示画面の生成

描画したグラフィックスデータは、表示画面やファイルに出力しなければ意味がありません。ここでは、グラフィックスの画面出力処理を扱います。

表示画面の生成

実際にプログラム中で2DCG を活用するためには、描画したグラフィックスデータを表示する画面が必要になります。そこで、GUI ライブラリの関数を用いて表示画面を生成します。

ウィンドウの生成

まず、ウィンドウを生成するには、GUI ライブラリのnewWindow 関数を使用します。この関数は以下の仕様を持っています。

- 関数仕様 -
int newWindow( int x, int y, int width, int height, string title )

引数のx とy でウィンドウ左上頂点の座標を指定し、width とheight でウィンドウの幅と高さを指定します。また、引数title でウィンドウのタイトルバー表示文字列を指定します。

この関数をコールすると、ウィンドウが生成され、それに割り当てられたコンポーネントID がint型で返されます。なお、コンポーネントID とは、全てのGUI 部品に割り当てられる識別番号の事です。

グラフィックスラベルの生成

ウィンドウ上には、グラフィックスを表示するためのGUI 部品である、グラフィックスラベルを配置します。これにはnewImageLabel 関数を使用します。この関数は以下の仕様を持っています。

- 関数仕様 -
int newImageLabel ( int x, int y, int width, int height, int graphicsID )

引数には、 x とy でグラフィックスラベル左上頂点の座標を指定し、width とheight でグラフィックスラベルの幅と高さを指定します。最後の引数grarphicsID には、表示対象のグラフィックスデータのID を指定します。

この関数をコールすると、グラフィックスラベルが生成され、それに割り当てられたコンポーネントID がint 型で返されます。

画面の再描画

GUI の表示内容を変更するには、GUI の再描画(リペイント)を行う必要があります。画面に表示するべき内容(グラフィックスデータなど)を変更した際は、それを表示するGUI(グラフィックスラベルやウィンドウなど)も再描画しなければ、画面表示が変わらないままになってしまいます。ご注意ください。

GUI の再描画には、paintComponent 関数を使用します。

- 関数仕様 -
int paintComponent ( int componentID )

引数のcomponentID には、再描画したいGUI のコンポーネントID( これはnewWindow 関数やnewImageLabel 関数などが返す値 )を指定します。

2DCG を扱う際は、レンダラーを一通り操作した後に、必ずこのpaintComponent 関数をコールするようにしてください。

プログラム例

それでは実際にウィンドウを生成し、グラフィックスデータを画面に表示してみましょう。以下のようにプログラムを記述し、実行してみてください。

このプログラムを実行すると、800×600 の大きさで、「 Hello , 2DCG ! 」というタイトルのウィンドウが立ち上がります。そのウィンドウには、生成したグラフィックスが表示されています。ただし、グラフィックスデータにはまだ何も描画していないので、ただ空白が表示されるだけです。

実行結果
画像は模式図です。実際のウィンドウのデザインは、オペレーションシステムの種類や、実行環境のバージョン、及びその他環境などにより異なります。



スポンサーリンク



この階層の目次
お知らせ

各ソフトウェアをアップデート、リニアングラフのコマンド拡張やVCSSLの英語対応など
2024/02/05 - 各ソフトの一斉アップデートの内容をお知らせします。今回は、リニアングラフのコマンド機能を大幅拡張したのがメインです。また、VCSSLのメッセージ類の英語対応も行いました。

Vnano の Ver.1.1 で実装した反復計算高速化の内側
2024/01/17 - 前回のお知らせ記事の続編です。スクリプトエンジン Vnano の Ver.1.1 において実施した高速化を、エンジン内部の実装面から掘り下げて解説します。

スクリプトエンジン Vnano の Ver.1.1 を公開、同じ内容の反復実行が劇的に高速化
2023/12/22 - スクリプトエンジン Vnano の最新版を公開しました。同じ計算式やスクリプトを反復実行する速さが、大幅に向上しました。次期版リニアングラフ3D内での活用例を交えつつ、詳しく解説します。

新着
[公式ガイドサンプル] 各種の図形や画像を描画する

「VCSSL 2DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。図形や画像などを描画します。
2022/12/16
角度の「度」とラジアンとを相互変換し、図示もするツール

45度などの「度」の値と、ラジアンの値とを相互に変換できるツールです。対応する角度の図示もできます。
2022/11/22
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを回転させるアニメーション

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを、アニメーションで回転させ続けます
2022/11/18
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを回転させる

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを、指定した角度だけ回転させます。
2022/11/17
[公式ガイドサンプル] 四則演算の計算順序や、カッコを使った順序指定

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。四則演算が計算される順序や、カッコを使って順序を指定する方法を例示します。
2022/10/31