Graph2D ライブラリ


概要 - Abstract

tool.Graph2D APIライブラリ(以下、Graph2Dライブラリ)は、2次元グラフソフトウェアを制御するためのライブラリです。

Graph2D ライブラリは拡張ライブラリであり、VCSSLの言語仕様における標準ライブラリには含まれていません。従って、全てのVCSSL処理系において、必ずしもGraph2D ライブラリの実装がサポートされるわけではありません。

Graph2D ライブラリの仕様は、広く一般的な2次元グラフソフトウェアをVCSSLから制御する事を想定して定義されており、特定の2次元グラフソフトウェアを前提としたものではありません。 Graph2D ライブラリの実装において、制御対象にどのような2次元グラフソフトウェアが採用されるかは処理系依存であり、処理系の開発元(ベンダー)、バージョン、またはグラフソフトウェアとの通信機能を提供するプラグインなどに依存します。このような事情があるため、Graph2D ライブラリが提供する各種関数も、異なる処理系に関しては、厳密に同一の挙動を期待すべきではありません。

また、同一の処理系であっても、Graph2D ライブラリは標準ライブラリでは無いため、その実装において、恒久的に同様の挙動が保証されるものではありません。Graph2D ライブラリの実装は、あくまで処理系が独自にサポートする拡張機能であるという点に留意しておく必要があります。例えば、グラフソフトウェアの大幅なアップデートが行われると、 それに伴い、Graph2D ライブラリの挙動も微妙に変化してしまうケースなどが考えられます。

RINEARN VCSSLランタイム、及びそれを搭載するVCSSL対応ソフトウェア(リニアンプロセッサーなど)では、Graph2D ライブラリをサポートしており、その実装には科学技術分野用グラフソフトウェア「 リニアングラフ2D 」を採用しています。リニアングラフ2D本体( RinearnGraph2D.jar )はVCSSLランタイムの配布パッケージ内に同梱されているため、別途何かを用意する必要はありません。


目次 - Index

int newGraph2D()
2次元グラフをデフォルトのサイズで生成し、それに固有の識別番号 ( グラフID ) を割り振って返します。
int newGraph2D( int x, int y, int width, int height, string title )
2次元グラフを指定されたサイズで生成し、それに固有の識別番号 ( グラフID ) を割り振って返します。
int getGraph2D()
処理系で起動・確保されている特別なグラフがあれば、そのグラフIDを取得します。無ければ新規生成します。
void deleteGraph2D( int graphID )
グラフを破棄します。
void clearGraph2D( int graphID )
グラフの内容をクリアします。
int getGraph2DGraphics( int graphID )
グラフの保持している描画内容を、Graphicsライブラリ互換のグラフィックスデータに変換します。変換されたグラフィックスデータは、2D/3Dレンダラ―などで加工できます。
void setGraph2DLocation( int graphID, int x, int y )
グラフウィンドウの位置を設定します。
void setGraph2DSize( int graphID, int width, int height )
グラフウィンドウの大きさを設定します。
void hideGraph2D( int graphID )
グラフウィンドウを不可視化します。
void showGraph2D( int graphID )
グラフウィンドウを可視化します。
void setGraph2DFile( int graphID, string filePath )
ファイルを読み込み、グラフにプロットします。
void setGraph2DFile( int graphID, string file[ ] )
複数のファイルを読み込み、グラフにプロットします。
void setGraph2DData( int graphID, string data )
ファイルの内容と同じ書式で記載されたテキストを読み込み、グラフにプロットします。
void setGraph2DData( int graphID, float dataX[ ], float dataY[ ] )
座標値を格納する float 型配列を読み込み、グラフにプロットします。
void setGraph2DData( int graphID, float dataX[ ][ ], float dataY[ ][ ] )
座標値を格納する float 型配列を読み込み、グラフにプロットします。
void addGraph2DData( int graphID, float dataX[ ], float dataY[ ] )
座標値を格納する float 型配列を読み込み、グラフに追記プロットします。
void addGraph2DData( int graphID, float dataX[ ][ ], float dataY[ ][ ] )
座標値を格納する float 型配列を読み込み、グラフに追記プロットします。
void setGraph2DConfigurationFile( int graphID, string file )
設定ファイルを読み込み、グラフに自動で設定を行います。
void setGraph2DRange( int graphID, double xMin, double xMax, double yMin, double yMax )
プロット範囲を設定します。
void setGraph2DRangeX( int graphID, double xMin, double xMax )
X軸のプロット範囲を設定します。
void setGraph2DRangeY( int graphID, double yMin, double yMax )
Y軸のプロット範囲を設定します。
void setGraph2DAutoRange( int graphID, bool autoX, bool autoY )
プロット範囲の自動調整機能を有効化または無効化します。
void setGraph2DOption( int graphID, string option, bool value )
グラフのオプション項目を設定します。項目名は処理系に依存します。代表的なオプション項目名は以下の通りです: WITH_POINTS : 点プロット , WITH_LINES : 線プロット , WITH_DOTS : ドットプロット , WITH_GRID_LINE : グリッドライン描画 , LOG_X : X対数軸表示 , LOG_Y : Y対数軸表示 , REVERSE_X : X軸反転表示 , REVERSE_Y : Y軸反転表示 ,
void setGraph2DMenu( int graphID, string menu, string value )
グラフのメニュー項目を設定します。項目名は処理系に依存します。
void setGraph2DAnimation( int graphID, string mode, bool state )
グラフのアニメーションを有効化または無効化します。利用可能なアニメーションモードは処理系に依存します。代表的なアニメーションモードは以下の通りです: TRACE : 点をアニメーションし、軌跡を残す , INDEX : 点をアニメーションする , INDEX-SERIES : 系列をアニメーションする ,
void setGraph2DTitle( int graphID, string title )
グラフのタイトルを設定します。
void setGraph2DLabel( int graphID, string xLabel, string yLabel )
グラフの軸ラベルを設定します。
void setGraph2DLegend( int graphID, string legend[ ] )
グラフの凡例を設定します。
void exportGraph2D( int graphID, string filename, string format )
グラフを画像に出力します。
void exportGraph2D( int graphID, string filename, string format, float quality )
グラフを画像に出力します。

構造体 - Structs

- なし - None -


変数 - Variables

- なし - None -


関数 - Functions

定義
- Signature
int newGraph2D()
詳細
- Details
2次元グラフをデフォルトのサイズで生成し、それに固有の識別番号 ( グラフID ) を割り振って返します。
戻り値
- Return
生成したグラフのID
定義
- Signature
int newGraph2D( int x, int y, int width, int height, string title )
詳細
- Details
2次元グラフを指定されたサイズで生成し、それに固有の識別番号 ( グラフID ) を割り振って返します。
引数
- Arguments
x : グラフウィンドウ左上頂点のX座標
y : グラフウィンドウ左上頂点のY座標
width : グラフウィンドウの幅
height : グラフウィンドウの高さ
title : グラフウィンドウタイトル
戻り値
- Return
生成したグラフのID
定義
- Signature
int getGraph2D()
詳細
- Details
処理系で起動・確保されている特別なグラフがあれば、そのグラフIDを取得します。無ければ新規生成します。
戻り値
- Return
取得または生成したグラフID
定義
- Signature
void deleteGraph2D( int graphID )
詳細
- Details
グラフを破棄します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
定義
- Signature
void clearGraph2D( int graphID )
詳細
- Details
グラフの内容をクリアします。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
定義
- Signature
int getGraph2DGraphics( int graphID )
詳細
- Details
グラフの保持している描画内容を、Graphicsライブラリ互換のグラフィックスデータに変換します。変換されたグラフィックスデータは、2D/3Dレンダラ―などで加工できます。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
戻り値
- Return
グラフィックスデータID
定義
- Signature
void setGraph2DLocation( int graphID, int x, int y )
詳細
- Details
グラフウィンドウの位置を設定します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
x : グラフウィンドウ左上頂点のX座標
y : グラフウィンドウ左上頂点のY座標
定義
- Signature
void setGraph2DSize( int graphID, int width, int height )
詳細
- Details
グラフウィンドウの大きさを設定します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
width : グラフウィンドウの幅
height : グラフウィンドウ高さ
定義
- Signature
void hideGraph2D( int graphID )
詳細
- Details
グラフウィンドウを不可視化します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
定義
- Signature
void showGraph2D( int graphID )
詳細
- Details
グラフウィンドウを可視化します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
定義
- Signature
void setGraph2DFile( int graphID, string filePath )
詳細
- Details
ファイルを読み込み、グラフにプロットします。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
filePath : プロットするファイルのファイル名またはパス
定義
- Signature
void setGraph2DFile( int graphID, string file[ ] )
詳細
- Details
複数のファイルを読み込み、グラフにプロットします。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
file : プロットするファイルのファイル名またはパス
定義
- Signature
void setGraph2DData( int graphID, string data )
詳細
- Details
ファイルの内容と同じ書式で記載されたテキストを読み込み、グラフにプロットします。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
data : ファイルの内容と同じ書式で記載されたテキスト
定義
- Signature
void setGraph2DData( int graphID, float dataX[ ], float dataY[ ] )
詳細
- Details
座標値を格納する float 型配列を読み込み、グラフにプロットします。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
dataX : X座標を格納する配列( [ 点インデックス ] )
dataY : Y座標を格納する配列( [ 点インデックス ] )
定義
- Signature
void setGraph2DData( int graphID, float dataX[ ][ ], float dataY[ ][ ] )
詳細
- Details
座標値を格納する float 型配列を読み込み、グラフにプロットします。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
dataX : X座標を格納する配列( [ 系列インデックス ][ 点インデックス ] )
dataY : Y座標を格納する配列( [ 系列インデックス ][ 点インデックス ] )
定義
- Signature
void addGraph2DData( int graphID, float dataX[ ], float dataY[ ] )
詳細
- Details
座標値を格納する float 型配列を読み込み、グラフに追記プロットします。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
dataX : X座標を格納する配列( [ 点インデックス ] )
dataY : Y座標を格納する配列( [ 点インデックス ] )
定義
- Signature
void addGraph2DData( int graphID, float dataX[ ][ ], float dataY[ ][ ] )
詳細
- Details
座標値を格納する float 型配列を読み込み、グラフに追記プロットします。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
dataX : X座標を格納する配列( [ 系列インデックス ][ 点インデックス ] )
dataY : Y座標を格納する配列( [ 系列インデックス ][ 点インデックス ] )
定義
- Signature
void setGraph2DConfigurationFile( int graphID, string file )
詳細
- Details
設定ファイルを読み込み、グラフに自動で設定を行います。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
file : 設定ファイルのファイル名またはパス
定義
- Signature
void setGraph2DRange( int graphID, double xMin, double xMax, double yMin, double yMax )
詳細
- Details
プロット範囲を設定します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
xMin : X軸の最小値
xMax : X軸の最大値
yMin : Y軸の最小値
yMax : Y軸の最大値
定義
- Signature
void setGraph2DRangeX( int graphID, double xMin, double xMax )
詳細
- Details
X軸のプロット範囲を設定します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
xMin : X軸の最小値
xMax : X軸の最大値
定義
- Signature
void setGraph2DRangeY( int graphID, double yMin, double yMax )
詳細
- Details
Y軸のプロット範囲を設定します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
yMin : Y軸の最小値
yMax : Y軸の最大値
定義
- Signature
void setGraph2DAutoRange( int graphID, bool autoX, bool autoY )
詳細
- Details
プロット範囲の自動調整機能を有効化または無効化します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
autoX : X軸方向の自動調性機能を有効にするならtrue、無効にするならfalse
autoY : Y軸方向の自動調性機能を有効にするならtrue、無効にするならfalse
定義
- Signature
void setGraph2DOption( int graphID, string option, bool value )
詳細
- Details
グラフのオプション項目を設定します。項目名は処理系に依存します。代表的なオプション項目名は以下の通りです:
WITH_POINTS
点プロット
WITH_LINES
線プロット
WITH_DOTS
ドットプロット
WITH_GRID_LINE
グリッドライン描画
LOG_X
X対数軸表示
LOG_Y
Y対数軸表示
REVERSE_X
X軸反転表示
REVERSE_Y
Y軸反転表示
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
option : オプション項目名
value : オプションを有効にするならtrue、無効にするにはfalse
定義
- Signature
void setGraph2DMenu( int graphID, string menu, string value )
詳細
- Details
グラフのメニュー項目を設定します。項目名は処理系に依存します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
option : メニュー項目名
value : メニュー項目を有効にするならtrue、無効にするにはfalse
定義
- Signature
void setGraph2DAnimation( int graphID, string mode, bool state )
詳細
- Details
グラフのアニメーションを有効化または無効化します。利用可能なアニメーションモードは処理系に依存します。代表的なアニメーションモードは以下の通りです:
TRACE
点をアニメーションし、軌跡を残す
INDEX
点をアニメーションする
INDEX-SERIES
系列をアニメーションする
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
mode : アニメーションモード
state : アニメーションを有効化するならtrue、無効化するならfalse
定義
- Signature
void setGraph2DTitle( int graphID, string title )
詳細
- Details
グラフのタイトルを設定します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
title : タイトル
定義
- Signature
void setGraph2DLabel( int graphID, string xLabel, string yLabel )
詳細
- Details
グラフの軸ラベルを設定します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
xLabel : X軸のラベル
yLabel : Y軸のラベル
定義
- Signature
void setGraph2DLegend( int graphID, string legend[ ] )
詳細
- Details
グラフの凡例を設定します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
legend : 凡例を格納する配列( [ 系列インデックス ] )
定義
- Signature
void exportGraph2D( int graphID, string filename, string format )
詳細
- Details
グラフを画像に出力します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
filename : 出力ファイル名またはパス
形式( : "PNG" または "JPEG" )
定義
- Signature
void exportGraph2D( int graphID, string filename, string format, float quality )
詳細
- Details
グラフを画像に出力します。
引数
- Arguments
graphID : 対象グラフのID
filename : 出力ファイル名またはパス
形式( : "PNG" または "JPEG" )
quality : 品質( 0.0 ~ 100.0 )

この階層の目次
お知らせ

リニアングラフ3DのVCSSL用APIにカメラ制御関数を追加、回転アニメーションツールも同梱
2019年10月09日 - RINEARNでは10月9日にソフトウェアの最新版をリリースしました。VCSSLのAPI関数の追加や、リニアングラフ3Dのアニメーションツールの追加など行っています。その概要をお知らせします。

小型関数電卓 RINPn(旧称リニアンプロセッサー nano)の公式ページを開設
2019年10月02日 - 現在オープンソースで開発中の、「シンプル&コンパクト」を目指した小型プログラマブル関数電卓ソフト「 RINPn 」の公式ページが、RINEARNサイト内にオープンしました。その概要をお知らせします。

Vnanoの公式サイトがオープン、チュートリアルやAPI仕様書等も掲載
2019年08月07日 - オープンソースのアプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」の公式サイトを開設しました。チュートリアルや、スクリプトエンジンのAPI仕様書などが参照できます。その概要をお知らせします。

新着
3Dグラフを回転アニメーションさせるツール

3Dグラフを、Z軸まわりにゆっくりと回転アニメーションさせるツールです。全角度のグラフを、連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年10月09日
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
[公式ガイドサンプル] 各種GUIコンポーネントを画面上に配置する

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。色々な種類のGUI部品を画面上に配置します。
2019年07月28日
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
開発元Twitterアカウント