Complex ライブラリ

- 目次 -


概要 - Abstract

このライブラリ system.Complex は、complex型の補助機能を提供します。

また、complex型やvarcomplex型がサポートされていない処理系において、float[2]配列やvarfloat[2]配列で複素数演算を行うための機能も提供されます。


目次 - Index

const int RE
float[2]を複素数として扱う場合の実部インデックスを表します。
const int IM
float[2]を複素数として扱う場合の虚部インデックスを表します。
complex toComplex(float arg[ ])
float[2] を complex に変換します。
complex[ ] toComplexArray(... complex args[ ])
complex型の複数の値を、配列にまとめて返します。
varcomplex[ ] toVarcomplexArray(... varcomplex args[ ])
varcomplex型の複数の値を、配列にまとめて返します。
float[ ] toFloatArray(complex arg)
complex を float[2] に変換します。
varcomplex toVarcomplex(varfloat arg[ ])
varfloat[2] を varcomplex に変換します。
varfloat[ ] toVarfloatArray(varcomplex arg)
complex を float[2] に変換します。
float creal(complex arg)
複素数の実部を返します。この関数は、System.re( complex ) 関数をそのままラッピングしています。
varfloat creal(varcomplex arg)
複素数の実部を返します。この関数は、System.re( varcomplex ) 関数をそのままラッピングしています。
float creal(float arg[ ])
複素数の実部を返します。
varfloat creal(varfloat arg[ ])
複素数の実部を返します。
float cimag(complex arg)
複素数の虚部を返します。この関数は、System.im( complex ) 関数をそのままラッピングしています。
varfloat cimag(varcomplex arg)
複素数の虚部を返します。この関数は、System.im( varcomplex ) 関数をそのままラッピングしています。
float cimag(float arg[ ])
虚部を返します。
varfloat cimag(varfloat arg[ ])
虚部を返します。
float[ ] cadd(float a[ ], float b[ ])
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、加算値を返します。
varfloat[ ] cadd(varfloat a[ ], varfloat b[ ])
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、加算値を返します。
float[ ] csub(float a[ ], float b[ ])
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし減算値を返します。
varfloat[ ] csub(varfloat a[ ], varfloat b[ ])
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし減算値を返します。
float[ ] cmul(float a[ ], float b[ ])
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、乗算値を返します。
varfloat[ ] cmul(varfloat a[ ], varfloat b[ ])
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、乗算値を返します。
float[ ] cdiv(float a[ ], float b[ ])
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、除算値を返します。
varfloat[ ] cdiv(varfloat a[ ], varfloat b[ ])
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、除算値を返します。

構造体 - Structs

- なし - None -


変数 - Variables

定義
- Signature
const int RE
詳細
- Details
float[2]を複素数として扱う場合の実部インデックスを表します。
定義
- Signature
const int IM
詳細
- Details
float[2]を複素数として扱う場合の虚部インデックスを表します。

関数 - Functions

定義
- Signature
complex toComplex(float arg[ ])
詳細
- Details
float[2] を complex に変換します。
引数
- Arguments
変換する値 :
戻り値
- Return
変換した値
定義
- Signature
complex[ ] toComplexArray(... complex args[ ])
詳細
- Details
complex型の複数の値を、配列にまとめて返します。
引数
- Arguments
args : 配列にまとめたい値(可変長引数)
戻り値
- Return
引数の値をまとめた配列
定義
- Signature
varcomplex[ ] toVarcomplexArray(... varcomplex args[ ])
詳細
- Details
varcomplex型の複数の値を、配列にまとめて返します。
引数
- Arguments
args : 配列にまとめたい値(可変長引数)
戻り値
- Return
引数の値をまとめた配列
定義
- Signature
float[ ] toFloatArray(complex arg)
詳細
- Details
complex を float[2] に変換します。
引数
- Arguments
変換する値 :
戻り値
- Return
変換した値
定義
- Signature
varcomplex toVarcomplex(varfloat arg[ ])
詳細
- Details
varfloat[2] を varcomplex に変換します。
引数
- Arguments
変換する値 :
戻り値
- Return
変換した値
定義
- Signature
varfloat[ ] toVarfloatArray(varcomplex arg)
詳細
- Details
complex を float[2] に変換します。
引数
- Arguments
変換する値 :
戻り値
- Return
変換した値
定義
- Signature
float creal(complex arg)
詳細
- Details
複素数の実部を返します。この関数は、System.re( complex ) 関数をそのままラッピングしています。
引数
- Arguments
複素数の値 :
実部の値 :
定義
- Signature
varfloat creal(varcomplex arg)
詳細
- Details
複素数の実部を返します。この関数は、System.re( varcomplex ) 関数をそのままラッピングしています。
引数
- Arguments
複素数の値 :
実部の値 :
定義
- Signature
float creal(float arg[ ])
詳細
- Details
複素数の実部を返します。
引数
- Arguments
複素数の値 :
実部の値 :
定義
- Signature
varfloat creal(varfloat arg[ ])
詳細
- Details
複素数の実部を返します。
引数
- Arguments
複素数の値 :
実部の値 :
定義
- Signature
float cimag(complex arg)
詳細
- Details
複素数の虚部を返します。この関数は、System.im( complex ) 関数をそのままラッピングしています。
引数
- Arguments
複素数の値 :
虚部の値 :
定義
- Signature
varfloat cimag(varcomplex arg)
詳細
- Details
複素数の虚部を返します。この関数は、System.im( varcomplex ) 関数をそのままラッピングしています。
引数
- Arguments
複素数の値 :
虚部の値 :
定義
- Signature
float cimag(float arg[ ])
詳細
- Details
虚部を返します。
引数
- Arguments
複素数の値 :
虚部の値 :
定義
- Signature
varfloat cimag(varfloat arg[ ])
詳細
- Details
虚部を返します。
引数
- Arguments
複素数の値 :
虚部の値 :
定義
- Signature
float[ ] cadd(float a[ ], float b[ ])
詳細
- Details
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、加算値を返します。
引数
- Arguments
operandA : 演算する値(左側)
operandA : 演算する値(右側)
戻り値
- Return
演算結果
定義
- Signature
varfloat[ ] cadd(varfloat a[ ], varfloat b[ ])
詳細
- Details
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、加算値を返します。
引数
- Arguments
operandA : 演算する値(左側)
operandA : 演算する値(右側)
戻り値
- Return
演算結果
定義
- Signature
float[ ] csub(float a[ ], float b[ ])
詳細
- Details
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし減算値を返します。
引数
- Arguments
operandA : 演算する値(左側)
operandA : 演算する値(右側)
戻り値
- Return
演算結果
定義
- Signature
varfloat[ ] csub(varfloat a[ ], varfloat b[ ])
詳細
- Details
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし減算値を返します。
引数
- Arguments
operandA : 演算する値(左側)
operandA : 演算する値(右側)
戻り値
- Return
演算結果
定義
- Signature
float[ ] cmul(float a[ ], float b[ ])
詳細
- Details
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、乗算値を返します。
引数
- Arguments
operandA : 演算する値(左側)
operandA : 演算する値(右側)
戻り値
- Return
演算結果
定義
- Signature
varfloat[ ] cmul(varfloat a[ ], varfloat b[ ])
詳細
- Details
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、乗算値を返します。
引数
- Arguments
operandA : 演算する値(左側)
operandA : 演算する値(右側)
戻り値
- Return
演算結果
定義
- Signature
float[ ] cdiv(float a[ ], float b[ ])
詳細
- Details
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、除算値を返します。
引数
- Arguments
operandA : 演算する値(左側)
operandA : 演算する値(右側)
戻り値
- Return
演算結果
定義
- Signature
varfloat[ ] cdiv(varfloat a[ ], varfloat b[ ])
詳細
- Details
float[2]/varfloat[2]を複素数と見なし、除算値を返します。
引数
- Arguments
operandA : 演算する値(左側)
operandA : 演算する値(右側)
戻り値
- Return
演算結果

この階層の目次
お知らせ

リニアングラフ3DのVCSSL用APIにカメラ制御関数を追加、回転アニメーションツールも同梱
2019年10月09日 - RINEARNでは10月9日にソフトウェアの最新版をリリースしました。VCSSLのAPI関数の追加や、リニアングラフ3Dのアニメーションツールの追加など行っています。その概要をお知らせします。

小型関数電卓 RINPn(旧称リニアンプロセッサー nano)の公式ページを開設
2019年10月02日 - 現在オープンソースで開発中の、「シンプル&コンパクト」を目指した小型プログラマブル関数電卓ソフト「 RINPn 」の公式ページが、RINEARNサイト内にオープンしました。その概要をお知らせします。

Vnanoの公式サイトがオープン、チュートリアルやAPI仕様書等も掲載
2019年08月07日 - オープンソースのアプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」の公式サイトを開設しました。チュートリアルや、スクリプトエンジンのAPI仕様書などが参照できます。その概要をお知らせします。

新着
3Dグラフを回転アニメーションさせるツール

3Dグラフを、Z軸まわりにゆっくりと回転アニメーションさせるツールです。全角度のグラフを、連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年10月09日
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
[公式ガイドサンプル] 各種GUIコンポーネントを画面上に配置する

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。色々な種類のGUI部品を画面上に配置します。
2019年07月28日
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
開発元Twitterアカウント