TextFieldWindow ライブラリ

- 目次 -


概要 - Abstract

このライブラリ gui.TextFieldWindow は、GUI部品として、テキストフィールドが並ぶウィンドウ ―― テキストフィールドウィンドウ ―― を提供します。

VCSSLの標準ライブラリ「 GUI 」では、GUI部品をint型のIDで扱いますが、このモジュールで提供されるGUI部品は、TextFieldWindow 構造体として扱います。

TextFieldWindow 構造体は、内部にリソースのID等を保持していますが、
生成・破棄のための関数が提供されるため、その中身を特に意識する必要はありません( むしろメンバへの直接的なアクセスは推奨されません )。
具体的には、 newTextFieldWindow 関数で生成し、 deleteComponent 関数で破棄します。

またこのモジュールでは、TextFieldWindow 構造体を標準ライブラリ「 GUI 」と同様の感覚でそのまま扱えるように、標準GUIライブラリ関数のオーバーロードも提供されます。
例えば、 mountComponent 関数や、setComponentSize 関数、 setComponentLocation 関数などが提供されます。


目次 - Index

struct TextFieldWindow
テキストフィールドウィンドウの構造体です。
TextFieldWindow newTextFieldWindow(int x, int y, int width, int height, string title, string labelText[ ], string defaultValue[ ])
自動でウィンドウサイズを決定し、テキストフィールドウィンドウを生成します。
TextFieldWindow newTextFieldWindow(string labelText[ ], string defaultValue[ ])
自動でウィンドウサイズを決定し、テキストフィールドウィンドウを生成します。
void deleteComponent(TextFieldWindow &windowInstance)
テキストフィールドウィンドウを破棄します。
void setTextLabelWidth(TextFieldWindow &windowInstance, int labelWidth)
ラベル部分の幅を設定します。
void setButton(TextFieldWindow &windowInstance, string label)
ウィンドウ下部に、決定ボタンを出現させます。
int getButton(TextFieldWindow &windowInstance)
決定ボタンのGUIコンポーネントIDを取得します。
int getWindow(TextFieldWindow &windowInstance)
ウィンドウのGUIコンポーネントIDを取得します。
int getTextField(TextFieldWindow &windowInstance, string labelText)
指定されたラベルに対応するチェックボックスを取得します。
int getTextField(TextFieldWindow &windowInstance, int index)
指定されたインデックスのチェックボックスを取得します。
int[ ] getComponentSize(TextFieldWindow &windowInstance)
ウィンドウのサイズを返します。
void setComponentSize(TextFieldWindow &windowInstance, int width, int height)
ウィンドウのサイズを設定します。
void setComponentSize(TextFieldWindow &windowInstance)
ウィンドウの現在のサイズに合わせて、内部コンポーネントのサイズを自動設定します。ウィンドウのサイズを外部から変更した際に使用します。
int[ ] getComponentLocation(TextFieldWindow &windowInstance)
ウィンドウの位置を返します。
int[ ] getComponentLocation(TextFieldWindow &windowInstance)
ウィンドウの位置を返します。
void setComponentLocation(TextFieldWindow &windowInstance, int x, int y)
ウィンドウの位置を設定します。
void paintComponent(TextFieldWindow &windowInstance)
ウィンドウを再描画します。
void hideComponent(TextFieldWindow &windowInstance)
ウィンドウを不可視化します。
void showComponent(TextFieldWindow &windowInstance)
ウィンドウを可視化します。

構造体 - Structs

宣言
- Declaration
struct TextFieldWindow
詳細
- Description
テキストフィールドウィンドウの構造体です。

変数 - Variables


関数 - Functions

宣言
- Declaration
TextFieldWindow newTextFieldWindow(int x, int y, int width, int height, string title, string labelText[ ], string defaultValue[ ])
詳細
- Description
自動でウィンドウサイズを決定し、テキストフィールドウィンドウを生成します。
引数
- Arguments
x : ウィンドウ左上頂点のX座標
y : ウィンドウ左上頂点のY座標
width : ウィンドウの幅
height : ウィンドウの高さ
title : ウィンドウのタイトル
labelText : 全テキストフィールドのラベル文字列を格納する配列
defaultValue : 全テキストフィールドのデフォルト値を格納する配列
戻り値
- Return
生成したテキストフィールドウィンドウ
宣言
- Declaration
TextFieldWindow newTextFieldWindow(string labelText[ ], string defaultValue[ ])
詳細
- Description
自動でウィンドウサイズを決定し、テキストフィールドウィンドウを生成します。
引数
- Arguments
labelText : 全テキストフィールドのラベル文字列を格納する配列
defaultText : 全テキストフィールドのデフォルト値を格納する配列
戻り値
- Return
生成したテキストフィールドウィンドウ
宣言
- Declaration
void deleteComponent(TextFieldWindow &windowInstance)
詳細
- Description
テキストフィールドウィンドウを破棄します。
引数
- Arguments
windowInstance : 破棄するウィンドウ
宣言
- Declaration
void setTextLabelWidth(TextFieldWindow &windowInstance, int labelWidth)
詳細
- Description
ラベル部分の幅を設定します。
引数
- Arguments
windowInstance : 取得対象のテキストフィールドウィンドウ
labelWidth : ラベル幅
宣言
- Declaration
void setButton(TextFieldWindow &windowInstance, string label)
詳細
- Description
ウィンドウ下部に、決定ボタンを出現させます。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
決定ボタンのラベル文字列 :
宣言
- Declaration
int getButton(TextFieldWindow &windowInstance)
詳細
- Description
決定ボタンのGUIコンポーネントIDを取得します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
戻り値
- Return
決定ボタンのGUIコンポーネントID
宣言
- Declaration
int getWindow(TextFieldWindow &windowInstance)
詳細
- Description
ウィンドウのGUIコンポーネントIDを取得します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
戻り値
- Return
ウィンドウのGUIコンポーネントID
宣言
- Declaration
int getTextField(TextFieldWindow &windowInstance, string labelText)
詳細
- Description
指定されたラベルに対応するチェックボックスを取得します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
labelText : 取得対象のチェックボックスに対応するラベル文字列
戻り値
- Return
チェックボックスのGUIコンポーネントID
宣言
- Declaration
int getTextField(TextFieldWindow &windowInstance, int index)
詳細
- Description
指定されたインデックスのチェックボックスを取得します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
index : チェックボックスのインデックス
戻り値
- Return
チェックボックスのGUIコンポーネントID
宣言
- Declaration
int[ ] getComponentSize(TextFieldWindow &windowInstance)
詳細
- Description
ウィンドウのサイズを返します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
戻り値
- Return
ウィンドウのサイズを格納する配列
宣言
- Declaration
void setComponentSize(TextFieldWindow &windowInstance, int width, int height)
詳細
- Description
ウィンドウのサイズを設定します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
width : 幅
width : 高さ
戻り値
- Return
ウィンドウのサイズを格納する配列
宣言
- Declaration
void setComponentSize(TextFieldWindow &windowInstance)
詳細
- Description
ウィンドウの現在のサイズに合わせて、内部コンポーネントのサイズを自動設定します。ウィンドウのサイズを外部から変更した際に使用します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
宣言
- Declaration
int[ ] getComponentLocation(TextFieldWindow &windowInstance)
詳細
- Description
ウィンドウの位置を返します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
戻り値
- Return
ウィンドウの位置を格納する配列
宣言
- Declaration
int[ ] getComponentLocation(TextFieldWindow &windowInstance)
詳細
- Description
ウィンドウの位置を返します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
戻り値
- Return
ウィンドウの位置を格納する配列
宣言
- Declaration
void setComponentLocation(TextFieldWindow &windowInstance, int x, int y)
詳細
- Description
ウィンドウの位置を設定します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
x : ウィンドウのX座標
y : ウィンドウのY座標
宣言
- Declaration
void paintComponent(TextFieldWindow &windowInstance)
詳細
- Description
ウィンドウを再描画します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
宣言
- Declaration
void hideComponent(TextFieldWindow &windowInstance)
詳細
- Description
ウィンドウを不可視化します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
宣言
- Declaration
void showComponent(TextFieldWindow &windowInstance)
詳細
- Description
ウィンドウを可視化します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ


スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

リニアングラフ3D/2Dが連番ファイルのアニメーションに標準で対応
2019年07月17日 - リニアングラフ3D/2Dでは、7月17日公開の最新版より、連番ファイルを連続的に読み込みながらアニメーション描画するプログラムを同梱し、メニューから標準で使用可能になりました。その概要をお知らせします。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。複数回の連載予定です。

新着
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
[公式ガイドサンプル] ポリゴンを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体の基本的な構成要素となるポリゴンを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月20日
[公式ガイドサンプル] CSVファイルにデータを書き出し&読み込んで、複雑な3次元曲面のグラフを描く(魔法陣形)

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。CSVファイルにデータを書き出し、さらにそれを読み込んで、魔法陣のような3次元曲面のグラフを描画します。
2019年05月17日
開発元Twitterアカウント