ImageLabelWindow ライブラリ

- 目次 -


概要 - Abstract

このライブラリ gui.ImageLabelWindow は、GUI部品として、画像ラベルを表示するウィンドウ ―― 画像ラベルウィンドウ ―― を提供します。
即席の描画ウィンドウや、画像ファイルの内容を表示するウィンドウなどとして使用できます。

VCSSLの標準ライブラリ「 GUI 」では、GUI部品をint型のIDで扱いますが、このモジュールで提供されるGUI部品は、ImageLabelWindow 構造体として扱います。

ImageLabelWindow 構造体は、内部にリソースのID等を保持していますが、
生成・破棄のための関数が提供されるため、その中身を特に意識する必要はありません( むしろメンバへの直接的なアクセスは推奨されません )。
具体的には、 newImageLabelWindow 関数で生成し、 deleteComponent 関数で破棄します。

またこのモジュールでは、ImageLabelWindow 構造体を標準ライブラリ「 GUI 」と同様の感覚でそのまま扱えるように、標準GUIライブラリ関数のオーバーロードも提供されます。
例えば、 mountComponent 関数や、setComponentSize 関数、 setComponentLocation 関数などが提供されます。


目次 - Index

struct ImageLabelWindow
画像ラベルウィンドウの構造体です。
ImageLabelWindow newImageLabelWindow(int x, int y, int width, int height, string title, int graphics)
画像ラベルウィンドウを生成します。
ImageLabelWindow newImageLabelWindow(int graphics)
自動でウィンドウサイズを決定し、画像ラベルウィンドウを生成します。
void deleteComponent(ImageLabelWindow &windowInstance)
画像ラベルウィンドウを破棄します。
int getWindow(ImageLabelWindow &windowInstance)
ウィンドウのGUIコンポーネントIDを返します。
int getImageLabel(ImageLabelWindow &windowInstance)
画像ラベルのGUIコンポーネントIDを返します。
void setComponentSize(ImageLabelWindow &windowInstance, int width, int height)
ウィンドウサイズを設定します。
void setComponentSize(ImageLabelWindow &windowInstance)
ウィンドウの現在のサイズに合わせて、内部コンポーネントのレイアウトを自動設定します。ウインドウのサイズを外部から変更した際に使用します。
int[ ] getComponentSize(ImageLabelWindow &windowInstance)
ウィンドウのサイズを返します。
void fitComponentSize(ImageLabelWindow &windowInstance)
グラフィックスリソースにちょうど適切なウィンドウサイズを設定します。
void setComponentLocation(ImageLabelWindow &windowInstance, int x, int y)
ウィンドウの位置を設定します。
int[ ] getComponentLocation(ImageLabelWindow &windowInstance)
ウィンドウの位置を返します。
void paintComponent(ImageLabelWindow &windowInstance)
ウィンドウを再描画します。
void hideComponent(ImageLabelWindow &windowInstance)
ウィンドウを不可視化します。
void showComponent(ImageLabelWindow &windowInstance)
ウィンドウを可視化します。

構造体 - Structs

定義
- Signature
struct ImageLabelWindow
詳細
- Details
画像ラベルウィンドウの構造体です。

変数 - Variables

- なし - None -


関数 - Functions

定義
- Signature
ImageLabelWindow newImageLabelWindow(int x, int y, int width, int height, string title, int graphics)
詳細
- Details
画像ラベルウィンドウを生成します。
引数
- Arguments
x : ウィンドウ左上頂点のX座標
y : ウィンドウ左上頂点のY座標
width : ウィンドウの幅
height : ウィンドウの高さ
title : ウィンドウのタイトル
graphics : グラフィックスリソース
戻り値
- Return
生成したウィンドウ構造体
定義
- Signature
ImageLabelWindow newImageLabelWindow(int graphics)
詳細
- Details
自動でウィンドウサイズを決定し、画像ラベルウィンドウを生成します。
引数
- Arguments
graphics : グラフィックスリソース
戻り値
- Return
生成したウィンドウ構造体
定義
- Signature
void deleteComponent(ImageLabelWindow &windowInstance)
詳細
- Details
画像ラベルウィンドウを破棄します。
引数
- Arguments
windowInstance : 破棄するウィンドウ
定義
- Signature
int getWindow(ImageLabelWindow &windowInstance)
詳細
- Details
ウィンドウのGUIコンポーネントIDを返します。
引数
- Arguments
windowInstance : 取得対象のウィンドウ
戻り値
- Return
ウィンドウのGUIコンポーネントID
定義
- Signature
int getImageLabel(ImageLabelWindow &windowInstance)
詳細
- Details
画像ラベルのGUIコンポーネントIDを返します。
引数
- Arguments
windowInstance : 取得対象のウィンドウ
戻り値
- Return
画像ラベルのGUIコンポーネントID
定義
- Signature
void setComponentSize(ImageLabelWindow &windowInstance, int width, int height)
詳細
- Details
ウィンドウサイズを設定します。
引数
- Arguments
windowInstance : 設定対象のウィンドウ
width : ウィンドウの幅
height : ウィンドウの高さ
定義
- Signature
void setComponentSize(ImageLabelWindow &windowInstance)
詳細
- Details
ウィンドウの現在のサイズに合わせて、内部コンポーネントのレイアウトを自動設定します。ウインドウのサイズを外部から変更した際に使用します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
定義
- Signature
int[ ] getComponentSize(ImageLabelWindow &windowInstance)
詳細
- Details
ウィンドウのサイズを返します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
戻り値
- Return
ウィンドウのサイズを格納する配列
定義
- Signature
void fitComponentSize(ImageLabelWindow &windowInstance)
詳細
- Details
グラフィックスリソースにちょうど適切なウィンドウサイズを設定します。
引数
- Arguments
windowInstance : 設定対象のウィンドウ
定義
- Signature
void setComponentLocation(ImageLabelWindow &windowInstance, int x, int y)
詳細
- Details
ウィンドウの位置を設定します。
引数
- Arguments
windowInstance : 設定対象のウィンドウ
x : ウィンドウ左上頂点のX座標
y : ウィンドウ左上頂点のY座標
定義
- Signature
int[ ] getComponentLocation(ImageLabelWindow &windowInstance)
詳細
- Details
ウィンドウの位置を返します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
戻り値
- Return
ウィンドウの位置を格納する配列
定義
- Signature
void paintComponent(ImageLabelWindow &windowInstance)
詳細
- Details
ウィンドウを再描画します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
定義
- Signature
void hideComponent(ImageLabelWindow &windowInstance)
詳細
- Details
ウィンドウを不可視化します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ
定義
- Signature
void showComponent(ImageLabelWindow &windowInstance)
詳細
- Details
ウィンドウを可視化します。
引数
- Arguments
windowInstance : 対象のウィンドウ


スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。

リニアンプロセッサー nano の先行開発版やソースコードリポジトリを公開
2019年04月16日 - オープンソースで開発中の小型プログラム関数電卓ソフト、「 リニアンプロセッサー nano 」の先行開発版やソースコードリポジトリを公開しました。概要と使用方法、ビルド方法などについて解説します。

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

新着
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
[公式ガイドサンプル] ポリゴンを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体の基本的な構成要素となるポリゴンを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月20日
[公式ガイドサンプル] CSVファイルにデータを書き出し&読み込んで、複雑な3次元曲面のグラフを描く(魔法陣形)

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。CSVファイルにデータを書き出し、さらにそれを読み込んで、魔法陣のような3次元曲面のグラフを描画します。
2019年05月17日
開発元Twitterアカウント