Time ライブラリ


概要 - Abstract

VCSSL Time ライブラリ は、時間計測や、時刻取得などの機能を提供する標準ライブラリです。

時間を取得する機能は time() 関数によって提供されます。この関数は、プログラム実行開始からの経過時間を返します。
( いくつかの言語では、こうした関数は 1970年 1月 1日 午前 0 時 からの経過時間を返しますが、VCSSL ではそうではありません。 )

time 関数が返す時間の精度(単位)は処理系定義です。公式実装ではミリ秒ですが、将来的に、あらゆる処理系において常にミリ秒精度が保証されるとは限りません。
そうした処理系への依存性を回避するために、time 関数の戻り値を、様々な時間単位に変換する関数も提供されています。
具体的には、millisecond 関数はミリ秒単位、second 関数は秒単位、minute 関数は分単位、hour 関数は時間単位、day 関数は日単位に変換します。
例として、適当な処理をさせて、その間の所要時間を計測するには、以下のようにします:

int t1 = time();// 終了時間を計測

[ ここで適当に時間のかかる処理を行う ]

int t2 = time(); // 開始時間を計測
int sec = second( t2 - t1 ); // 所要時間(時間の差)を秒単位で取得
print( "所要時間 [ 秒 ] = " + sec ); // 出力

また、second 関数、minute 関数、hour 関数を引数なしでコールすると、現在の時計的な時刻を返します。
同様に、day 関数、month 関数、year 関数を引数なしでコールすると、現在のカレンダーにおける日付を返します。
例として、現在の日付と時刻を表示するには、以下のようにします:

print( year() + "年" + month() + "月" + day() + "日" + hour() + "時" + minute() + "分" + second() + "秒" );


目次 - Index

int time()
プログラム実行開始からの経過時間を返します。通常、単位はミリ秒ですが、仕様上は処理系です。厳密に任意の単位で測るには、millisecond などを噛ませて変換してください。
int millisecond( int t )
time 関数が返す値などを、ミリ秒単位に変換します。
int second( int t )
time 関数が返す値などを、秒単位に変換します。
int minute( int t )
time 関数が返す値などを、分単位に変換します。
int hour( int t )
time 関数が返す値などを、時間(hour)単位に変換します。
int day( int t )
time 関数が返す値などを、日単位に変換します。自転速度の揺らぎや閏秒など、天文学的・物理学的な効果は考慮されません。単純に 86400000 ミリ秒を 1 日として変換します。
int year()
西暦カレンダーにおける現在の年を返します。
int month()
西暦カレンダーにおける現在の月を返します。範囲は 1 〜 12 の範囲で返します。0 〜 11 でない事に注意してください。
int day()
西暦カレンダーにおける現在の日を返します。
int hour()
現在の時刻における時間を返します。
int minute()
現在の時刻における分を返します。
int second()
現在の時刻における秒を返します。
string date()
西暦カレンダーにおける日付・時刻を表すテキストを返します。書式は現時点で仕様上未定となっており、処理系依存です。確実な書式が必要な場合は、year 関数や hour 関数などを用いて独自に表現してください。

構造体 - Structs

- なし - None -


変数 - Variables

- なし - None -


関数 - Functions

定義
- Signature
int time()
詳細
- Details
プログラム実行開始からの経過時間を返します。
通常、単位はミリ秒ですが、仕様上は処理系です。厳密に任意の単位で測るには、millisecond などを噛ませて変換してください。
定義
- Signature
int millisecond( int t )
詳細
- Details
time 関数が返す値などを、ミリ秒単位に変換します。
引数
- Arguments
t : 変換したい時間(time 関数の戻り値、及びその和や差など)
戻り値
- Return
ミリ秒単位に変換された値。
定義
- Signature
int second( int t )
詳細
- Details
time 関数が返す値などを、秒単位に変換します。
引数
- Arguments
t : 変換したい時間(time 関数の戻り値、及びその和や差など)
戻り値
- Return
秒単位に変換された値。
定義
- Signature
int minute( int t )
詳細
- Details
time 関数が返す値などを、分単位に変換します。
引数
- Arguments
t : 変換したい時間(time 関数の戻り値、及びその和や差など)
戻り値
- Return
分単位に変換された値。
定義
- Signature
int hour( int t )
詳細
- Details
time 関数が返す値などを、時間(hour)単位に変換します。
引数
- Arguments
t : 変換したい時間(time 関数の戻り値、及びその和や差など)
戻り値
- Return
時間(hour)単位に変換された値。
定義
- Signature
int day( int t )
詳細
- Details
time 関数が返す値などを、日単位に変換します。自転速度の揺らぎや閏秒など、天文学的・物理学的な効果は考慮されません。単純に 86400000 ミリ秒を 1 日として変換します。
引数
- Arguments
t : 変換したい時間(time 関数の戻り値、及びその和や差など)
戻り値
- Return
日単位に変換された値。
定義
- Signature
int year()
詳細
- Details
西暦カレンダーにおける現在の年を返します。
戻り値
- Return
現在の年。
定義
- Signature
int month()
詳細
- Details
西暦カレンダーにおける現在の月を返します。
範囲は 1 〜 12 の範囲で返します。0 〜 11 でない事に注意してください。
戻り値
- Return
現在の月。
定義
- Signature
int day()
詳細
- Details
西暦カレンダーにおける現在の日を返します。
戻り値
- Return
現在の日。
定義
- Signature
int hour()
詳細
- Details
現在の時刻における時間を返します。
戻り値
- Return
現在の時間。
定義
- Signature
int minute()
詳細
- Details
現在の時刻における分を返します。
戻り値
- Return
現在の分。
定義
- Signature
int second()
詳細
- Details
現在の時刻における秒を返します。
戻り値
- Return
現在の秒。
定義
- Signature
string date()
詳細
- Details
西暦カレンダーにおける日付・時刻を表すテキストを返します。
書式は現時点で仕様上未定となっており、処理系依存です。確実な書式が必要な場合は、year 関数や hour 関数などを用いて独自に表現してください。
戻り値
- Return
日付・時刻を表すテキスト。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

リニアングラフ3D/2Dが連番ファイルのアニメーションに標準で対応
2019年07月17日 - リニアングラフ3D/2Dでは、7月17日公開の最新版より、連番ファイルを連続的に読み込みながらアニメーション描画するプログラムを同梱し、メニューから標準で使用可能になりました。その概要をお知らせします。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。複数回の連載予定です。

新着
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
[公式ガイドサンプル] ポリゴンを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体の基本的な構成要素となるポリゴンを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月20日
[公式ガイドサンプル] CSVファイルにデータを書き出し&読み込んで、複雑な3次元曲面のグラフを描く(魔法陣形)

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。CSVファイルにデータを書き出し、さらにそれを読み込んで、魔法陣のような3次元曲面のグラフを描画します。
2019年05月17日
開発元Twitterアカウント