Thread ライブラリ


概要 - Abstract

VCSSL Thread ライブラリ は、マルチスレッドを扱うための標準ライブラリです。

- 注意 -
現行版の RINEARN VCSSL Runtime では、VCSSL Thread APIをサポートしていますが、マルチスレッド処理への対応が十分ではありません。 これは、現在のVCSSLエンジンの基本設計が、シングルスレッドのみを想定して開発された初期のVCSSLエンジンの基本設計を、部分的に踏襲している事に由来します。 これにより、処理内容によっては、論理的な不整合を含む、いくつかの不都合が生じる可能性があります。 RINEARN VCSSL Runtime で VCSSL Thread API の使用を検討する場合は、この事情を踏まえた上で判断してください。現時点で想定可能なものとしては、以下のような不都合が生じる可能性があります。
・同一の配列変数へ、複数スレッドから同時アクセスした場合における、インデックスの不整合
現在のVCSSLエンジンにおける、配列変数の値を参照するモジュールには、シングルスレッドのみを想定した設計が残っています。これにより、同一の配列変数に、同時にアクセスした場合、正しくないインデックスの値が参照される可能性があります。
・パフォーマンスのボトルネック
現在のVCSSLエンジンには、マルチスレッド処理ではボトルネックとなる箇所を複数含んでいます。このため、並列性の高い処理を複数スレッドで分担しても、パフォーマンスの大幅な向上は見込めません。 つまり、RINEARN VCSSL Runtime における Thread API は、あくまで複数の処理の流れを作る目的には有効ですが、演算パフォーマンスを引き出すような目的にはあまり意味がありません。
・同一の関数への、非常に頻繁な複数スレッド同時アクセスに伴う、エンジンの緊急停止
原則として、同一の関数を複数スレッドで実行する事は可能です。その場合、引数やローカル変数は、スレッド間で混同されないように、スレッドの数だけ確保されます。 しかし、同時アクセスのタイミングがあまりに短い間隔に集中すると、この処理が追いつかなくなり、不整合を防ぐためにエンジンが緊急停止する場合があります。 ※ 関数の実行中の時間が重なる事は問題ではありません。関数をコールする瞬間(引数を渡す瞬間)が重なる事が問題となります。
以上のような不都合が生じる可能性があるため、現状の RINEARN VCSSL Runtime では、VCSSL Thread APIを厳密性の要求される処理(科学技術計算や数値計算など)に使用する事は推奨されません。

目次 - Index

int newThread()
スレッドを生成し、それに固有の識別番号である「スレッドID」を割り振って返します。
void deleteThread( int threadID )
スレッドを破棄します。
void startThread( int threadID )
スレッドの実行を開始します。
void awaitThread( int threadID )
スレッドの実行が終了するまで、呼び出し元の処理を待機します。
void sleepThread( int threadID, int time )
スレッドの実行を一時停止します。
void sleepThread( int threadID, int milliSeconds, nanoSeconds )
スレッドの実行を一時停止します。
void waitForThread( int threadID )
スレッドの実行が終了するまで、呼び出し元の処理を待機します。現在は、より新しい awaitThread が利用可能です。この関数は互換目的でサポートされています。
void onThreadStart( int threadID )
スレッドが生成され、実行が開始した時にコールされます。この関数は、生成されたスレッドの処理として実行されます。ここに、スレッドに行わせたい処理を実装します。
void onThreadEnd( int threadID )
スレッドの処理が終了した時にコールされます。

構造体 - Structs

- なし - None -


変数 - Variables

- なし - None -


関数 - Functions

文法的定義
- Signature
int newThread()
関数名
- Name
newThread
役割
- Role
スレッドを生成し、それに固有の識別番号である「スレッドID」を割り振って返します。
戻り値
- Return
(int型) 生成したスレッドに割り振られたスレッドID(識別番号)
文法的定義
- Signature
void deleteThread( int threadID )
関数名
- Name
deleteThread
役割
- Role
スレッドを破棄します。
引数
- Arguments
(int型) threadID : 対象スレッドのID
戻り値
- Return
(void型)
文法的定義
- Signature
void startThread( int threadID )
関数名
- Name
startThread
役割
- Role
スレッドの実行を開始します。
引数
- Arguments
(int型) threadID : 対象スレッドのID
戻り値
- Return
(void型)
文法的定義
- Signature
void awaitThread( int threadID )
関数名
- Name
awaitThread
役割
- Role
スレッドの実行が終了するまで、呼び出し元の処理を待機します。
引数
- Arguments
(int型) threadID : 対象スレッドのID
戻り値
- Return
(void型)
文法的定義
- Signature
void sleepThread( int threadID, int time )
関数名
- Name
sleepThread
役割
- Role
スレッドの実行を一時停止します。
引数
- Arguments
(int型) threadID : 対象スレッドのID
(int型) time : 待機する時間のミリ秒数
戻り値
- Return
(void型)
文法的定義
- Signature
void sleepThread( int threadID, int milliSeconds, nanoSeconds )
関数名
- Name
sleepThread
役割
- Role
スレッドの実行を一時停止します。
引数
- Arguments
(int型) threadID : 対象スレッドのID
(int型) milliSeconds : 待機する時間のミリ秒数
(型) nanoSeconds : 待機する時間のナノ秒数
戻り値
- Return
(void型)
文法的定義
- Signature
void waitForThread( int threadID )
関数名
- Name
waitForThread
役割
- Role
スレッドの実行が終了するまで、呼び出し元の処理を待機します。現在は、より新しい awaitThread が利用可能です。この関数は互換目的でサポートされています。
引数
- Arguments
(int型) threadID : 対象スレッドのID
戻り値
- Return
(void型)

イベントハンドラ - Event Handler

文法的定義
- Signature
void onThreadStart( int threadID )
関数名
- Name
onThreadStart
役割
- Role
スレッドが生成され、実行が開始した時にコールされます。この関数は、生成されたスレッドの処理として実行されます。ここに、スレッドに行わせたい処理を実装します。
引数
- Arguments
(int型) threadID : イベント発生元スレッドのID
戻り値
- Return
(void型)
文法的定義
- Signature
void onThreadEnd( int threadID )
関数名
- Name
onThreadEnd
役割
- Role
スレッドの処理が終了した時にコールされます。
引数
- Arguments
(int型) threadID : イベント発生元スレッドのID
戻り値
- Return
(void型)


スポンサーリンク



この階層の目次
お知らせ

各ソフトウェアをアップデート、リニアングラフのコマンド拡張やVCSSLの英語対応など
2024/02/05 - 各ソフトの一斉アップデートの内容をお知らせします。今回は、リニアングラフのコマンド機能を大幅拡張したのがメインです。また、VCSSLのメッセージ類の英語対応も行いました。

Vnano の Ver.1.1 で実装した反復計算高速化の内側
2024/01/17 - 前回のお知らせ記事の続編です。スクリプトエンジン Vnano の Ver.1.1 において実施した高速化を、エンジン内部の実装面から掘り下げて解説します。

スクリプトエンジン Vnano の Ver.1.1 を公開、同じ内容の反復実行が劇的に高速化
2023/12/22 - スクリプトエンジン Vnano の最新版を公開しました。同じ計算式やスクリプトを反復実行する速さが、大幅に向上しました。次期版リニアングラフ3D内での活用例を交えつつ、詳しく解説します。

新着
[公式ガイドサンプル] 各種の図形や画像を描画する

「VCSSL 2DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。図形や画像などを描画します。
2022-12-16
角度の「度」とラジアンとを相互変換し、図示もするツール

45度などの「度」の値と、ラジアンの値とを相互に変換できるツールです。対応する角度の図示もできます。
2022-11-22
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを回転させるアニメーション

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを、アニメーションで回転させ続けます
2022-11-18
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを回転させる

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを、指定した角度だけ回転させます。
2022-11-17
[公式ガイドサンプル] 四則演算の計算順序や、カッコを使った順序指定

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。四則演算が計算される順序や、カッコを使って順序を指定する方法を例示します。
2022-10-31