[ 前へ | 目次 | 次へ ]

実行時評価

ここでは、文字列をプログラムの一部として実行する方法を扱います。


文字列をプログラムとして実行する

string 型変数が保持する文字列を、プログラムとして実行したい場合があるかもしれません。 例えば電卓ソフトウェアを製作する場合、ユーザーによって入力された数式(文字列)を処理し、 値を算出する必要がありますが、そういった処理を行うエンジンを自力で書き下すのは面倒です。

そのような場合、ここで述べる実行時評価の機能を利用し、 文字列をそのままVCSSL プログラムの一部として実行すると便利です。

eval関数

一行の式を計算して値を求めたい時は、eval 関数を使用します:

上のプログラムを実行すると、VCSSL コンソールに 「 3 」 と表示されます。

eval 関数は、結果を string 型の配列で返します。 上の例では、要素数1 の配列で、0 番要素が "3" のstring 配列が返され、 それが暗黙の型変換によってint 型非配列のi に代入されたわけです。 なお、式が構文的に正しくなかった場合は無効値(NULL との比較が真)が返されます。

また、以下のように、代入を行う事もできます。

この例でもVCSSL コンソールに「 3 」と表示されます。結果が構造体になる場合などは、 string 型配列では返せないため、このようにeval 内で代入する方法を取ります。

なお、eval 関数は、複数行(文)に渡る内容を実行する事はできません。

ランタイムオーバーライド
(実行時オーバーライド)

複数行に渡る内容を実行するには、ランタイムオーバーライド(実行時オーバーライド)を使用します。

ランタイムオーバーライドは、関数の処理内容を、プログラム実行中に上書きする機能です。 この機能を利用する事で、string 型変数が保持する文字列を、関数の内容として処理する事が可能となります。 引数も取得でき、戻り値も返す事ができます。さらに、ローカルを宣言する事も可能です。

ランタイムオーバーライドを行うには、override 関数を呼び出し、 その一つ目の引数に関数名、二つ目の引数に(オーバーライドする関数の)引数情報、 三つ目の引数にプログラム記述内容を指定します。

- 関数仕様 -

override( string name, string[ ] args, string program ) ;

最初の引数name には関数名を、最後の引数program には新しいプログラム記述内容を指定します。 問題は中央の引数args ですが、これにはランタイムオーバーライド対象となる関数の引数情報を指定します。 args の要素数は引数の個数に一致し、各要素には引数の変数型を記述します。

例えば、以下のような関数を想定するとします。

int fun( int a, float b, float c[ ] )

このような関数をランタイムオーバーライドするには、args には以下のようなstring 配列を指定します。

なお、引数がvoid 型の関数をオーバーライドするには、args に要素数 0 の配列を指定します。

実際にランタイムオーバーライドを行って見ましょう。例として以下のように記述し、実行してみてください。

このプログラムを実行すると、「 オーバーライド前 : 8 」と 「 オーバーライド後 : 64 」という結果が2 行に渡って出力されます。

このプログラムでは、関数fun は受け取った引数をそのまま返すよう記述されています。 しかしそれをランタイムオーバーライドにより、引数の2 乗を返すように変更したわけです。

グローバル変数へのアクセスや関数呼び出しも可能

ランタイムオーバーライドで上書きする処理内容の中で、 グローバル変数(すべてのスコープの外側で宣言され、プログラム中のどこからでもアクセスできる変数) を使用する事も可能です。また、別の関数を呼び出す事も可能です。

ランタイムオーバーライドで宣言されるのはローカル変数

例に挙げたプログラムでは、ランタイムオーバーライドで上書きする新しい処理内容の中で、 int型の変数x を宣言しています。このように、ランタイムオーバーライドする処理内容の中で、 新しい変数を宣言して使用する事も可能です。

ただし、ランタイムオーバーライドで宣言した変数はローカル変数となるため、 ランタイムオーバーライドの対象となった関数の中でしか使用できません。

新たな関数の宣言はできない

ランタイムオーバーライドは既存の関数を上書きするものであるため、 別の新しい関数を宣言する事はできません。


この階層の目次
お知らせ

Vnanoの公式サイトがオープン、チュートリアルやAPI仕様書等も掲載
2019年08月07日 - オープンソースのアプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」の公式サイトを開設しました。チュートリアルや、スクリプトエンジンのAPI仕様書などが参照できます。その概要をお知らせします。

リニアングラフ3D/2Dが連番ファイルのアニメーションに標準で対応
2019年07月17日 - リニアングラフ3D/2Dでは、7月17日公開の最新版より、連番ファイルを連続的に読み込みながらアニメーション描画するプログラムを同梱し、メニューから標準で使用可能になりました。その概要をお知らせします。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

新着
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
[公式ガイドサンプル] 各種GUIコンポーネントを画面上に配置する

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。色々な種類のGUI部品を画面上に配置します。
2019年07月28日
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
開発元Twitterアカウント