[ 前へ | 目次 | 次へ ]

制御構文

ここでは、条件分岐や繰り返し処理などを行うための方法である、制御構文について扱います。


制御構文( 制御文 )

プログラム中の特定の部分を、一定の回数だけ繰り返し処理したり、 ある条件が成立した場合のみ処理したりする場合には、制御構文を使用します。

VCSSLでサポートしている制御構文は、必ずブロックとセットになっており、以下のような文法を持ちます:

制御構文型 ( 制御式 ) {
    処理内容 ;
}

VCSSLでサポートしている制御構文には、以下のものがあります:

制御構文型 制御式の内容 詳細
 if 条件式を記述する 条件式の結果がtrueの場合のみ、ブロックの中身を実行します。
 if-else 条件式を記述する 複数の条件式を使用し、成立した条件式に対応するブロックの中身を実行します。
 while 条件式を記述する 条件式の結果がtrueの間、ブロックの中身を繰り返し実行し続けます。
 for セミコロン「;」記号で挟んで、初期化式・条件式・反復式を記述する whileにカウンターが付いたものです。最初に初期化が呼ばれ、その後は条件式の結果がtrueの間、ブロックの中身が繰り返し実行されます。その際、繰り返し式が毎回呼ばれます。

if 制御構文( if 文 )

if 制御構文を使ってみましょう。以下のように記述して、実行してみてください:

- 実行結果 -

Hello

これを実行すると、「 Hello 」と表示されます。つまり if 制御構文のブロック内にある、 print関数が実行された事が分かります。これを以下のように書き換えるとどうなるでしょうか:

- 実行結果 -

(何も表示されない)

今度は、何も表示されずに終了します。つまり if 制御構文は、条件式( ここでは1<2 )の結果がtrueの場合のみ、 ブロックの中身が実行されるのです。

なお、条件式の部分にbool型変数を記述する事も可能です。その場合、bool型変数の値がtrueの場合のみ、 ブロックの中身が実行されます。

if -else 制御構文( if - else 文 )

if - else 制御構文は、if 制御構文に複数の条件式を持たせたもので、複雑な分岐を行う場合に使用します。

「else」というのは「それ以外の、その他の」といった意味です。 この制御構文は、ある条件式が不成立であった場合に、別の条件式による判定を何個も続けて行います。

実際にif - else 制御構文を使ってみましょう。以下のように記述して、実行してみてください:

- 実行結果 -

f < 3

これを実行すると、「 f < 3 」と表示されます。 このように、if 制御構文の下にelse 制御構文を連ねて記述すると、 上から下へと順に条件式が判定されていきます。そして、条件式が成立した所で、 そのブロック内の処理が実行されます。それ以降に続く条件式は判定されず、実行もされません。

while 制御構文( while 文 )

while制御構文を使ってみましょう。以下のように記述して、実行してみてください:

- 実行結果 -

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

これを実行すると、入出力端末に 0 から 10 までの数値が出力されます。

つまりwhile制御構文は、条件式( ここでは i <= 10 )の結果がtrueの間、 ブロックの中身が繰り返し実行されるのです。

for 制御構文( for 文 )

上のwhile制御構文の説明で用いた、一定の回数だけ繰り返す処理は、プログラミングにおいて非常に頻繁に使用されます。

しかし、上で用いたような記述は少し面倒です。これをもっと短く記述するために、for制御構文が用意されています。

例として、while制御構文の説明と全く同じ処理を、for制御構文で記述してみましょう:

- 実行結果 -

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

このように、非常に簡潔に繰り返し処理を記述する事ができます。

for制御構文の制御式には、セミコロン記号「 ; 」で区切って、3つの式を記述します。これをそれぞれ初期化式、条件式、反復式と呼びます。

つまり上の例では:

  • 初期化式: int i = 0
  • 条件式: i <= 10
  • 反復式: i = i + 1
でした。

for制御構文では、最初に初期化式が実行され、その後は条件式の結果がtrueの間、スコープの中身が繰り返し実行されます。

その際、ブロックの中身が実行し終わる度に、反復式が毎回実行されます。

初期化式には、繰り返しをカウントする変数を宣言するのが一般的です。このような変数は一般にループカウンターと呼ばれます。 初期化式で宣言された変数は、スコープがそのブロック内に限定されたローカル変数となります。

制御構文の組み合わせ

制御構文は、いくつも組み合わせて使用する事も多々あります。特に、if 制御構文は繰り返しの中で使用される事が多いでしょう。

例として、偶数を出力するプログラムを書いてみましょう:

- 実行結果 -

0
2
4
6
8

上の例では、2で割った余りが0の整数、つまり偶数だけが出力されます。


この階層の目次
お知らせ

Vnanoの公式サイトがオープン、チュートリアルやAPI仕様書等も掲載
2019年08月07日 - オープンソースのアプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」の公式サイトを開設しました。チュートリアルや、スクリプトエンジンのAPI仕様書などが参照できます。その概要をお知らせします。

リニアングラフ3D/2Dが連番ファイルのアニメーションに標準で対応
2019年07月17日 - リニアングラフ3D/2Dでは、7月17日公開の最新版より、連番ファイルを連続的に読み込みながらアニメーション描画するプログラムを同梱し、メニューから標準で使用可能になりました。その概要をお知らせします。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

新着
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
[公式ガイドサンプル] 各種GUIコンポーネントを画面上に配置する

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。色々な種類のGUI部品を画面上に配置します。
2019年07月28日
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
開発元Twitterアカウント