[ 前へ | 目次 | 次へ ]

比較演算

ここでは、変数同士の比較を行う方法を扱います。


比較演算子

プログラムでは、値の大小を比較して、その結果によって異なる処理に分岐させたい場合などが頻繁に生じます。 このような処理を行うのが、比較演算子です。VCSSLには、以下のような比較演算子が用意されています。

記号 意味 扱える型 詳細
 < 左より右が大きいか? int,
float,
varint,
varfloat
演算記号の左右にある、2つの値の大小関係を比較します。その結果はbool型となります。
 > 左より右が小さいか? int,
float,
varint,
varfloat
演算記号の左右にある、2つの値の大小関係を比較します。その結果はbool型となります。
 <= 左より右が大きいか、もしくは等しいか? int,
float,
varint,
varfloat
演算記号の左右にある、2つの値の大小関係を比較します。その結果はbool型となります。
 >= 左より右が小さいか、もしくは等しいか? int,
float,
varint,
varfloat
演算記号の左右にある、2つの値の大小関係を比較します。その結果はbool型となります。
 == 左と右は等しいか? int,
float,
varint,
varfloat,
string,
struct
演算記号の左右にある、2つの値が一致するかを確かめます。その結果はbool型となります。
 != 左と右は異なるか? int,
float,
varint,
varfloat,
string,
struct
演算記号の左右にある、2つの値が異なるかを確かめます。その結果はbool型となります。

bool型変数

上の表にも述べられている通り、比較演算の結果はbool型となります。 bool型は、「true(真)」と「false(偽)」の2つの値をとる変数型で、一般に真偽型などとも呼ばれます。

真や偽というのは一般にあまりピンとこない言葉ですが、 つまるところ真は「YES」で、偽は「NO」の事だと思っても差し支えないでしょう。

比較を行う

それでは、実際に比較演算を行ってみましょう。 ここでは、「左より右が大きいか?」を調べる記号「<」を使ってみましょう:

- 実行結果 -

true

これを実行すると、 true が表示されます。 trueはつまり YESのことなので、「左より右が大きいか?」の答えとしてYESが得られた事になります。

これに対して、以下の例ではどうなるでしょう:

- 実行結果 -

false

これを実行すると、 false が表示されます。 falseはつまり NOのことなので、「左より右が大きいか?」の答えとしてNOが得られた事になります。

一致を確かめる

続いて、値の一致を確かめてみましょう。ここでは、「左と右は等しいか?」を調べる記号「==」を使ってみましょう:

- 実行結果 -

true

これを実行すると、 true が表示されます。

これに対して、以下の例ではどうなるでしょう:

- 実行結果 -

false

この場合は false が表示されます。

また、以下のようにして不一致を確認する事もできます:

- 実行結果 -

true

この場合は true が表示されます。つまり「左と右は異なるか?」の結果としてYESが得られたわけです。

ところで、こういった条件判定は、後に扱う否定演算子「 ! 」を使用して記述する事もできます。 否定演算子は、その後ろが真ならば偽を、偽ならば真を返します。

例えば、「左と右は異なるか?」は「左と右は等しいか?」の逆なので、 上のプログラムと同一の結果を返すものとして、以下のように記述する事も可能です。

- 実行結果 -

true

この場合も同じ意味の条件となるので、 true が表示されます。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

新着
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール(複数ファイル一括処理版)

フォルダ内にある全ての画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて、別のフォルダに保存する簡易ツールです。
2019年03月15日
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール

画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて保存する簡易ツールです。
2019年03月14日
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
開発元Twitterアカウント

スポンサーリンク