[ 前へ | 目次 | 次へ ]

GUI

ここでは、GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)の概要について解説します。


GUIとは

ユーザーがプログラムを操作するための仕組みを、 一般にユーザーインターフェイスと呼びます。 ユーザーインターフェイスにはいくつかの種類がありますが、 現在の主流となっているものの一つにGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)が挙げられます。 GUIでは、ウィンドウやボタンなどの視覚的な表現によって、 ユーザーがプログラムを操作します。 GUIは、一般的な用途のアプリケーション・ソフトウェアなどで広く用いられています。

GUIの図。ウィンドウにボタンなどが並ぶ。
GUIを採用したプログラムの例
ウィンドウやボタンなど、グラフィックスが主体の画面となる。

CUIからGUIへ

GUI以外で有名なインターフェイスとして、 CUI(キャラクターユーザーインターフェイス)というものもあります。

CUIでは、プログラムは文字列の表示端末を通してユーザーとやり取りします。 例えばVCSSLプログラムでも、GUIを使用しない場合は、 VCSSLコンソールを用いた文字列表示が主体となります。 そういった「黒い画面に白い文字が流れていく」といったものがCUIです。

GUIの図。黒い画面に白い文字がある。
CUIを採用したプログラムの例
 文字列が主体の画面となる。

CUIは、GUIが登場する以前の時代に、主流として普及していました。 その後、GUIの登場によって、一気に主流の座を奪われました。 これにはいくつかの理由がありますが、最大の理由はGUIが初心者ユーザーにやさしかった事でしょう。 つまりVCSSLでもCUIからGUI主体の設計へ移行する事で、 より初心者ユーザーにやさしいプログラムを開発する事が可能になります。

なお、一般には目にする機会の少なくなったCUIですが、 熟練者にとっては高効率なため、プログラミングや科学技術計算など、 比較的専門的な分野においては現在も広く用いられています。

VCSSLプログラムでGUIを扱うには

VCSSLプログラムでGUIを扱うには、 VCSSL標準ライブラリの一つである、VCSSL GUIライブラリをインポートする必要があります。 これには、プログラムの先頭行に以下のように記述します。

import GUI ;

これで、プログラム中からGUIを扱うための関数が利用可能になります。


この階層の目次
お知らせ

Vnanoの公式サイトがオープン、チュートリアルやAPI仕様書等も掲載
2019年08月07日 - オープンソースのアプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」の公式サイトを開設しました。チュートリアルや、スクリプトエンジンのAPI仕様書などが参照できます。その概要をお知らせします。

リニアングラフ3D/2Dが連番ファイルのアニメーションに標準で対応
2019年07月17日 - リニアングラフ3D/2Dでは、7月17日公開の最新版より、連番ファイルを連続的に読み込みながらアニメーション描画するプログラムを同梱し、メニューから標準で使用可能になりました。その概要をお知らせします。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

新着
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
[公式ガイドサンプル] 各種GUIコンポーネントを画面上に配置する

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。色々な種類のGUI部品を画面上に配置します。
2019年07月28日
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
開発元Twitterアカウント