[ 前へ | 目次 | 次へ ]

GUIコンポーネント

ここでは、GUIを構成する部品である、GUIコンポーネントの生成と配置を扱います。


GUIコンポーネント

ウィンドウやボタンなど、GUIにおいて画面を構成する部品の事を、 一般にGUIコンポーネントと呼びます。

ウィンドウの図。
「ウィンドウ」もGUIコンポーネントの一つ
他にも「ボタン」をはじめ様々なGUIコンポーネントが存在し、それらを組み合わせて画面を構成する。

※このページの画像に掲載されているGUIコンポーネントのデザインは模式図です。実際のデザインは、オペレーティングシステムの種類や、VCSSL処理システムのバージョン、その他環境によって異なります。

GUIコンポーネントの生成

GUIコンポーネントの生成

VCSSLプログラム中で任意のGUIコンポーネントを生成するには、 new〜といった形の関数を呼び出します。 〜の部分には、newWindow関数やnewButton関数など、作成するGUIコンポーネントの種類に固有の名称が入ります。

- 関数仕様 -
int new〜( 〜 )

こういった関数をコールすると、 GUIコンポーネントが生成され、それに割り当てられたGUIコンポーネントIDが返されます。

GUIコンポーネントID

GUIコンポーネントIDとは、全てのGUIコンポーネントに割り振られる識別番号です。 つまりVCSSL処理システムにとっての、GUIコンポーネントの名前のようなものです。

GUIコンポーネントIDは、そのままでは数字で分かり辛いので、通常はint型の変数に入れて使用します。

GUIコンポーネントの配置

GUIコンポーネントは、いくつも組み合わせて使用します。 その土台となるのがウィンドウです。 その上にボタンやラベル、入力項目などを作成して配置し、 一般的なGUIソフトウェアの形となります。

このように、GUIコンポーネントの上に、 別のGUIコンポーネントを配置するには、mountComponent関数を使用します。

- 関数仕様 -
void mountComponent ( int childID, int parentID )

この関数をコールすると、 GUIコンポーネント上に別のGUIコンポーネントが配置されます。 引数childIDには配置するGUIコンポーネントのIDを、 続く引数parentIDには配置先GUIコンポーネントのIDを指定します。 つまり、parentIDの上にchildIDを配置します。

旧addComponentとの関係
なお、VCSSL3.0以前の世代では、配置にはaddComponent関数を使用していました。 しかし、add〜という関数名としては引数の順序が混乱を招くという理由により、 VCSSL3.1以降では、関数名を上記のmountComponentに変えたものが追加されました。 つまりaddComponent関数とmountComponent関数は、 名称が異なるだけで全く同一のものです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

リニアングラフ3D/2Dが連番ファイルのアニメーションに標準で対応
2019年07月17日 - リニアングラフ3D/2Dでは、7月17日公開の最新版より、連番ファイルを連続的に読み込みながらアニメーション描画するプログラムを同梱し、メニューから標準で使用可能になりました。その概要をお知らせします。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。複数回の連載予定です。

新着
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
[公式ガイドサンプル] ポリゴンを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体の基本的な構成要素となるポリゴンを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月20日
[公式ガイドサンプル] CSVファイルにデータを書き出し&読み込んで、複雑な3次元曲面のグラフを描く(魔法陣形)

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。CSVファイルにデータを書き出し、さらにそれを読み込んで、魔法陣のような3次元曲面のグラフを描画します。
2019年05月17日
開発元Twitterアカウント

スポンサーリンク