[ 前へ | 目次 | 次へ ]

ベクトルの生成・配置と基本的な操作・演算

ここでは、ベクトルの生成と配置方法、および基本的な操作と演算について扱います。


ベクトルとは

3次元空間に関する作業では、 (X,Y,Z)のように3つの値を一組にして扱うのが便利です。 例えば空間上の位置はまさしく(X,Y,Z)の組で決まりますし、 空間上の方向も3つの方向成分(Vx,Vy,Vz)で決まります。 動く物体が単位時間に移動する変位も同様に(Dx,Dy,Dz)というように、 3つの方向成分で表せます。 そこで、このような3つの方向成分を一組にまとめたものが、 3次元におけるベクトル(3次元ユークリッド空間ベクトル)です。

VCSSLでは、ベクトルの座標変換や内積・外積などの基本演算などを簡単に扱えるようにするため、 ベクトルを生成して座標系上に配置できるようになっています。

ベクトルの生成

ベクトルを生成するには、newVector関数を使用します。

- 関数仕様 -

int newVector ( float x, float y, float z )

引数x、y、zに、それぞれベクトルのX、Y、Z成分を指定します。 この関数は引数を成分にもつベクトルを生成し、 そのベクトルに固有のIDを割り振って返します。

引数を以下のようにして、 すでに存在しているベクトルのコピーを生成する事もできます。

- 関数仕様 -

int newVector ( int copyID )

引数にはコピーしたいベクトルのIDを指定します。

ベクトルの配置

生成したベクトルは、モデルやポリゴンと同様、 座標系の上に配置して使用します。 ベクトルを配置するにはmountVector関数を指定します。

- 関数仕様 -

int mountVector ( int vectorID, int rendererID )
int mountVector ( int vectorID, int rendererID, int CoordinateID )

2つの関数がありますが、上の関数ではワールド座標系上に、 下の関数では任意の座標系上に配置する事ができます。 引数vectorIDには配置するベクトルのIDを、 続く引数rendererIDにはレンダラーのIDを、 最後のCoordinateIDに配置先座標系のID(省略するとワールド座標系)を指定します。

ベクトルの成分設定

ベクトルの成分を設定するには、setVector関数を使用します。

- 関数仕様 -

void setVector ( int vectorID, float x, float y, float z )

引数vectorIDに設定対象のベクトルのIDを、 引数x、y、zに、それぞれベクトルのX、Y、Z成分を指定します。 この関数で、すでに存在しているベクトルの成分を書き換える事ができます。

ベクトルの成分取得

ベクトルの成分を取得するには、 getVectorX、getVectorY、getVectorZ関数を使用します。

- 関数仕様 -

float getVectorX ( int vectorID )
float getVectorY ( int vectorID )
float getVectorZ ( int vectorID )

3つの関数がありますが、 それぞれX成分、Y成分、Z成分を返します。 引数vectorIDに取得対象のベクトルのIDを指定します。

内積

ベクトルの内積を計算するには、getVectorInnerProduct関数を使用します。

- 関数仕様 -

float getVectorInnerProduct ( int vectorID1, int vectorID2 )

引数vectorID1とvectorID2に、 内積を計算する2つのベクトルのIDを指定します。 この関数は指定されたベクトルの内積を計算して返します。

外積

ベクトルの外積を計算するには、 getVectorCrossProduct関数を使用します。

- 関数仕様 -

void getVectorCrossProduct (
  int vectorID1, int vectorID2, int crossVector
)

この関数は、 引数vectorID1とvectorID2に指定したベクトルの外積を計算し、 その結果を引数crossVectorに指定されたベクトルに代入します。 crossVectorはあらかじめ生成しておく必要があります。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
[ 前へ | 目次 | 次へ ]
お知らせ

リニアングラフ3D/2Dが連番ファイルのアニメーションに標準で対応
2019年07月17日 - リニアングラフ3D/2Dでは、7月17日公開の最新版より、連番ファイルを連続的に読み込みながらアニメーション描画するプログラムを同梱し、メニューから標準で使用可能になりました。その概要をお知らせします。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。複数回の連載予定です。

新着
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
[公式ガイドサンプル] ポリゴンを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体の基本的な構成要素となるポリゴンを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月20日
[公式ガイドサンプル] CSVファイルにデータを書き出し&読み込んで、複雑な3次元曲面のグラフを描く(魔法陣形)

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。CSVファイルにデータを書き出し、さらにそれを読み込んで、魔法陣のような3次元曲面のグラフを描画します。
2019年05月17日
開発元Twitterアカウント

スポンサーリンク