[ 前へ | 目次 | 次へ ]

座標系の移動

ここでは、座標系の移動について扱います。 ここで扱う移動は、親座標系の座標軸を基準としたものです。 自身の座標軸を基準とした移動は、 次の「座標系の歩行」で扱います。


座標系の移動

座標系の移動を行うには、moveCoordinate関数を使用します。

- 関数仕様 -

int moveCoordinate (
  int coordinateID,
  float dx, float dy, float dz
)

最初の引数coordinateIDでは、設定対象の座標系のIDを指定します。 続く引数dx、dy、dzでは、それぞれX、Y、Z方向の平行移動距離を指定します。

プログラム例

実際にローカル座標系をワールド座標系の上に配置し、 移動させてみましょう。区別しやすくするために、 ローカル座標系には小さめの座標軸モデルを、 ワールド座標系には大きめの座標軸モデルを配置します。

なお、次で扱う歩行との違いを分かりやすくするため、 ローカル座標系をZ軸方向に微妙に回転させてから移動させます。

以下のように記述し、実行してみてください。

このプログラムを実行すると、 黒い画面に座標軸モデルが表示されます。 座標軸モデルは大きいものがワールド座標系の上に、 小さいものがローカル座標系の上に配置されています。

ローカル座標系は、 親座標系であるローカル座標系の座標軸から見て、 ( 1.0, 0.0, 0.0 )だけ移動した位置に表示されます。

実行結果、親座標系のX軸方向に個座標系が移動された図
実行結果
大きな座標軸と小さな座標軸が表示される。小さな座標系は、大きな座標系のX軸方向へ少し移動した位置にある。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
[ 前へ | 目次 | 次へ ]
お知らせ

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

新着
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール(複数ファイル一括処理版)

フォルダ内にある全ての画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて、別のフォルダに保存する簡易ツールです。
2019年03月15日
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール

画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて保存する簡易ツールです。
2019年03月14日
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
開発元Twitterアカウント

スポンサーリンク