[ 前へ | 目次 | 次へ ]

座標系の移動

ここでは、座標系の移動について扱います。 ここで扱う移動は、親座標系の座標軸を基準としたものです。 自身の座標軸を基準とした移動は、 次の「座標系の歩行」で扱います。


座標系の移動

座標系の移動を行うには、moveCoordinate関数を使用します。

- 関数仕様 -

int moveCoordinate (
  int coordinateID,
  float dx, float dy, float dz
)

最初の引数coordinateIDでは、設定対象の座標系のIDを指定します。 続く引数dx、dy、dzでは、それぞれX、Y、Z方向の平行移動距離を指定します。

プログラム例

実際にローカル座標系をワールド座標系の上に配置し、 移動させてみましょう。区別しやすくするために、 ローカル座標系には小さめの座標軸モデルを、 ワールド座標系には大きめの座標軸モデルを配置します。

なお、次で扱う歩行との違いを分かりやすくするため、 ローカル座標系をZ軸方向に微妙に回転させてから移動させます。

以下のように記述し、実行してみてください。

このプログラムを実行すると、 黒い画面に座標軸モデルが表示されます。 座標軸モデルは大きいものがワールド座標系の上に、 小さいものがローカル座標系の上に配置されています。

ローカル座標系は、 親座標系であるローカル座標系の座標軸から見て、 ( 1.0, 0.0, 0.0 )だけ移動した位置に表示されます。

実行結果、親座標系のX軸方向に個座標系が移動された図
実行結果
大きな座標軸と小さな座標軸が表示される。小さな座標系は、大きな座標系のX軸方向へ少し移動した位置にある。


この階層の目次
[ 前へ | 目次 | 次へ ]
お知らせ

Vnanoの公式サイトがオープン、チュートリアルやAPI仕様書等も掲載
2019年08月07日 - オープンソースのアプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」の公式サイトを開設しました。チュートリアルや、スクリプトエンジンのAPI仕様書などが参照できます。その概要をお知らせします。

リニアングラフ3D/2Dが連番ファイルのアニメーションに標準で対応
2019年07月17日 - リニアングラフ3D/2Dでは、7月17日公開の最新版より、連番ファイルを連続的に読み込みながらアニメーション描画するプログラムを同梱し、メニューから標準で使用可能になりました。その概要をお知らせします。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

新着
[公式ガイドサンプル] ユーザーのGUI操作に対して処理を行う

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。ユーザーがGUIを操作した際に行う処理を実装します。
2019年07月28日
[公式ガイドサンプル] 各種GUIコンポーネントを画面上に配置する

「VCSSL GUI開発ガイド」内のサンプルコードです。色々な種類のGUI部品を画面上に配置します。
2019年07月28日
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
開発元Twitterアカウント