[ 前へ | 目次 | 次へ ]

スプライトの制御

ここでは、配置後のスプライトの各種設定や制御を扱います。


スプライトの色設定

スプライトの色は、生成後に設定します。 一度設定した後も自由に変更する事が可能です。 スプライトの色設定にはsetSpriteColor 関数を使用します。

- 関数仕様 -
void setSpriteColor (
  int spriteID,
  int red, int green, int blue, int alpha
)

最初の引数spriteID でスプライトのID を、続く引数で描画色の色成分を指定します。 色成分はRGBA 形式で、それぞれ0.255 の範囲の値を指定します。

RGBA形式とは

RGBA 形式とは、色の三原色である赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の色成分に、 アルファ値(Alpha)を加えた形式です。アルファ値は色の透明度を表す数値で、 0 で完全透明になり、最大にすると不透明になります。

それぞれの色成分からの色の合成は、 加法混色によって行われます。これは光の重ね合わせと同じ混色方式であり、 絵の具の混ぜ合わせ(減法混色)では無い事にご注意ください。 例として、(赤,緑、青)=( 255, 255, 255 )は、黒ではなく白になります。 また、( 255, 255, 0 )は黄色に、( 0,255, 255 )は水色に、( 255, 0, 255 )はマゼンタになります。

スプライトの深度設定

スプライトは、「深度」という値を持っています。 複数のスプライトを重ねて描画する際、深度の大きいほうが奥に隠れ、 深度の浅いものが手前に描画されます。 この深度を設定するにはsetSpriteDepth 関数を使用します。

- 関数仕様 -
最初の引数spriteID でスプライトのID を、続く引数depth でスプライトの深度を指定します。

スプライトの位置変更

スプライトの描画位置を変更するには、setSpriteLocation 関数を使用します。

- 関数仕様 -
void setSpriteLocation ( int spriteID, int x, int y )

最初の引数spriteID でスプライトのID を、続く引数x、y で スプライト左上頂点の座標を指定します。 なおこの関数は、長方形スプライト、楕円スプライト、テキストスプライト、 画像スプライトに対してのみ使用可能です。線スプライト、多角形スプライト、 折れ線スプライトに関しては、後述するsetSpriteVector 関数を使用してください。

スプライトのサイズ変更

スプライトの描画サイズを変更するには、setSpriteSize 関数を使用します。

- 関数仕様 -
void setSpriteSize ( int spriteID, int radius )

これは点スプライトのためのもので、最初の引数spriteIDでスプライトのIDを、 続く引数raduisで点の半径を指定します。長方形スプライト、楕円スプライト、テキストスプライト、 画像スプライトに対しては以下を使用します。

- 関数仕様 -
void setSpriteSize ( int spriteID, int width, int height )

最初の引数spriteID でスプライトのID を、 続く引数width、height でスプライトの幅と高さを指定します。 なお、線スプライト、多角形スプライト、 折れ線スプライトに関しては、後述するsetSpriteVector 関数を使用してください。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

リニアングラフ3D/2Dが連番ファイルのアニメーションに標準で対応
2019年07月17日 - リニアングラフ3D/2Dでは、7月17日公開の最新版より、連番ファイルを連続的に読み込みながらアニメーション描画するプログラムを同梱し、メニューから標準で使用可能になりました。その概要をお知らせします。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説2: コンパイラ
2019年07月03日 - オープンソースで開発中のスクリプトエンジン「 Vnano 」のアーキテクチャを解説する連載の第2回です。今回は、スクリプトを中間コードへと変換する、コンパイラ部分の内部をクローズアップして解説します。

Vnanoのスクリプトエンジンアーキテクチャ解説1: 全体像
2019年05月28日 - RINEARNでは現在、 アプリケーション組み込み用スクリプトエンジン「 Vnano 」を、オープンソースで開発中です。今回は、このスクリプトエンジンのアーキテクチャ面を掘り下げて解説します。複数回の連載予定です。

新着
連番ファイルから3Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、3Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年06月03日
連番ファイルから2Dグラフをアニメーション描画するツール

フォルダ内の連番データファイルを読み込み、2Dグラフを高速で連続描画して、アニメーションさせるツールです。グラフを連番の画像ファイルに保存する事もできます。
2019年05月24日
[公式ガイドサンプル] 立体モデルを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体モデルを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月21日
[公式ガイドサンプル] ポリゴンを生成して3D空間に配置する

「VCSSL 3DCG開発ガイド」内のサンプルコードです。立体の基本的な構成要素となるポリゴンを生成し、3D空間に配置します。
2019年05月20日
[公式ガイドサンプル] CSVファイルにデータを書き出し&読み込んで、複雑な3次元曲面のグラフを描く(魔法陣形)

「VCSSLスタートアップガイド」内のサンプルコードです。CSVファイルにデータを書き出し、さらにそれを読み込んで、魔法陣のような3次元曲面のグラフを描画します。
2019年05月17日
開発元Twitterアカウント

スポンサーリンク