[ 前へ | 目次 | 次へ ]

2次元コンピューターグラフィックス

ここでは、2次元コンピューターグラフィックスに関する基本知識について解説します。


2次元コンピューターグラフィックス ( 2DCG ) とは

コンピューターグラフィックス、いわゆるCG とは、 コンピューター上の計算処理によって画像や映像を作成する技術の事です。

CG には、平面的な表現を扱う2 次元コンピューターグラフィックス ― 2DCG と、 立体的な表現を扱う3 次元コンピューターグラフィックス ― 3DCG が存在します。 かつてはPCなどでの描画処理は2DCGが主流でしたが、 近年のコンピューター性能や3D 関連技術の目覚しい進歩により、 現在では3DCG も一般的なものとなりました。

VCSSLでは、2DCG と3DCG の両方を標準ライブラリでサポートしていますが、 本文書では2DCG を中心に扱います。 2DCGの制御は、画像の加工や模式図の描画、 2Dアニメーション、2Dゲーム開発などで必要となります。

VCSSLプログラムで2DCGを扱うには

VCSSLプログラムで2DCGを扱うには、 VCSSL標準ライブラリの中から、 Graphics ライブラリとGraphics2Dライブラリをインポートする必要があります。 また、グラフィックスはウィンドウ上に表示する事が多いので、 同時にGUIライブラリをインポートしておく事を推奨します (画像をファイルに保存するだけの場合など、ウィンドウなどを利用しない場合は不要です)。

これらのライブラリをインポートするには、プログラムの先頭行に以下のように記述します。

(このプログラムを実行しても、ライブラリがインポートされるだけで、何も起こりません。)

これで、プログラム中から2DCG を扱うための関数が利用可能になります。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

この階層の目次
お知らせ

各ソフトウェアの最新版を一括でリリース、OpenJDKのJava実行環境(JRE)に対応
2019年03月06日 - RINEARNでは3月6日に、主要なソフトウェアの最新版を一括でリリースしました。今回のアップデートには、以前お知らせした、OpenJDKで生成したJREへの対応が含まれています。その概要等をお知らせします。

次回のVCSSL 3.4.10において、関数1個の挙動に非互換な修正が適用されます
2019年02月12日 - VCSSLの次回の正式リリース版3.4.10において、これまでドキュメントと実際の挙動が異なっていた描画系の関数1個に、非互換な修正が適用されます。その詳細と、使用コードでの対応方法について解説します。

RINEARNのソフトウェア向けにOpenJDKで生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始
2019年02月06日 - Javaのリリースモデル変更への対応として、OpenJDKのjlinkツールを用いて、RINEARNのソフトウェア実行用に生成したJava実行環境(JRE)の提供を開始しました。その詳細と、今後の方針について解説します。

新着
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール(複数ファイル一括処理版)

フォルダ内にある全ての画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて、別のフォルダに保存する簡易ツールです。
2019年03月15日
画像の矩形(四角形)領域を切り抜く簡易ツール

画像ファイルを開き、その中の矩形(四角形)領域を切り抜いて保存する簡易ツールです。
2019年03月14日
入力された数式を積分して値とグラフを表示するツール

画面上で数式を入力すると、それを数値的に積分し、値とグラフを表示してくれるGUIツールです。
2019年01月20日
z = f(x,y,t) の形の数式を3Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に z = f(x,y,t) の形の数式を入力すると、それを3次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月26日
y = f(x,t) の形の数式を2Dグラフとしてアニメーション描画するツール

入力欄に y = f(x,t) の形の数式を入力すると、それを2次元のグラフにアニメーション描画してくれる簡易ツールです。
2018年11月25日
開発元Twitterアカウント

スポンサーリンク